85万語通過、おめでとうございます

[掲示板: めざせ100万語! -- 最新メッセージID: 25647 // 時刻: 2021/5/12(01:24)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

25615. 85万語通過、おめでとうございます

お名前: 杏樹
投稿日: 2017/12/19(00:40)

------------------------------

かほるさん、こんにちは。

〉今日やっと85万語越えました。

85万語通過、おめでとうございます。

〉The Zack Files01 Great-Granpa's in the Litter Boxです。
〉多読をはじめて今まで読んだのはのべ397冊。
〉854,544語。
〉今年読んだのはのべ109冊。332,152語。
〉8月8日に通算75万語通過して、8月16日に80万語通過してからは長くかかりました。
〉ちなみに80万語通過した本はJudy Moodyで続けて二冊目のJudy Moody Get Famous!を楽しく読んだまでは良かったのですが続きを持ってなくて手元に届くまで迷走。
〉手に入ったときはすんなりとは読めなくなってました。

あー、そういうことってありますね。勢いよく読んでいたのに、ちょっと間が空いただけで行き詰まることが…。

〉私は読み方にむらがあるようです。
〉しばらく休んで先月読んだのはMr.Putter and TabbyシリーズSmell the Roses 771語。一冊でした。

多読はむらがあって当然です。好きな本を好きなように読む、ということは、読みたくないものは読まないので、状況によってどんどん変わって行きます。

〉この三日で1万語読みましたが、まだまだ読みたいです。

〉つまんなかったり難しかったら後回しにするコツがやっとわかってきたようです。

それはいいですね。後回しってけっこう難しいです。もうちょっと読んだらわかるかも…とか、ここまで読んだら投げるのはもったいない、とか。

〉75万語通過してから読んだ本で面白かった本。

〉Judy Moody
〉Judy Moody Get Famous
〉困った子のようでいて優しいJudyが好き。

〉Cynthia Rylantがすきで、けっこう読みました。
〉ぶたさんが主人公のPoppletonシリーズ五冊。
〉Poppleton
〉Poppleton Friends
〉Poppleton Everyday
〉Poppleton Forever
〉Poppleton Has Fun
〉ふわふわとして楽しくスルスル読めました。

これ、いいですねー。ビミョーに「子供じゃない」ところがおもしろいです。

〉同じくCynthia Rylantの Mr.Putter and Tabbyシリーズは22冊読みました。
〉最近読んだのは
〉Spill the Beans
〉Ring the Bell
〉Turn the Page
〉Smell the Roses
〉お茶目で楽しくてこんな老後だったらいいなと思いながら読みました。

そんなに読みましたか。主人公がおじいさん、という児童書ですが、ほのぼのして読みやすいですね。

〉この三日で印象に残っているのは
〉The Josefina Story Quilt(I can read level3)
〉開拓時代、少女がキルトを完成させるまでの話。

〉Ballerina Dreams: From Orphan to Dancer(Step into Reading 4)
〉西アフリカのシエラレオネの孤児だった少女がバレリーナになるまで。

〉ほかに好きなのはNate the Greatシリーズ。
〉スルスル読めてハードボイルド口調が楽しい。

このへんは読んでいません…。

〉Zack Filesの一冊目も面白かったのですが続巻がまだ手に入らなくて次に読むのを迷い中です。
〉手元に積んでる本が山ほどあるのになかなか選べないという贅沢な悩みを抱えております。
〉読みたいなーと思った本から読んでいこうと思います。

いい感じですね。やはり本は積んでおかなくては。読みたいときにないと失速しますからねー。

〉これからもよろしくお願いいたします。

〉Happy Reading!

これからもHappy Reading!


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.