SEG

SEG 英語多読クラスの授業見学・教室見学について

英語の多読クラスは、通常のクラスとは違う指導をしており、百聞より一見という側面があります。そのため、SEGでは多読授業に関する理解を深めていただくため、英語多読クラスに限り、英語教育関係者に限り公開しています。授業見学は、「部分見学」(10分間)、「全体見学」(全授業時間)の2種類があります。保護者の方の見学はご遠慮いただいていますが、授業の様子を録画したDVDであれば、SEGの事務室にて視聴可能です。

部分見学
1クラス1回10分以内に限り、SEG教職員が案内いたします。生徒が、実際に黙々と多読をしている様子をみていただきます。

全体見学
原則として、途中の入退室はできません。特別に許可を出した英語教育関係者に限定させていただいています。


英語の先生・英語教育専攻の学生・大学院生・学校経営者の方へ

授業見学を希望される方は、下記10項目を、見学希望日の2週間以上前に電子メールでtadokuあっとseg.co.jpあてにご連絡ください(「あっと」は @ に置き換えてください)。
1)氏名
2)勤務先・在籍校
3)連絡先住所
4)電話番号
5)多読経験(語数と年数)
6)多読指導経験(年数、対象、人数) 
7)何のためにどこを中心に授業をみたいか
8)多読関連書で既読の書籍名 ※見学前に『英語多読法』(小学館)は、事前に読んでください 
9)見学希望クラス 
10)見学希望日(第1、第2)
なお、あらかじめ、下記の注意事項をご了承ください。


英語関係者の見学の際の注意事項について

大学や高校の授業とちがって、SEGでは比較的狭い教室で10名程度の少人数で授業をしています。また、大学・高校と違って生徒は、多読の授業に対して特別の授業料を払って来塾しています。生徒に負荷をかけることをできるだけ避けたく思いますので、見学の際は次の事項にご注意ください。

1  見学可能な期間は、春期講習、1学期の5月以降の期間、夏期講習、2学期、冬期講習、3学期 です。
   ただし、授業初講日、授業最終日、テスト日、テスト返却日の見学は原則としてできません。

2  授業途中での入退室は禁止です。必ず、授業開始10分前に来塾し、授業前に入室してください。

3  シャドーイング指導時、見学者がいると生徒が緊張しますので、シャドーイング指導の際は、目立たぬ位置につくか、見学をご遠慮ください。

4  読書手帳をみる場合には、必ず、生徒に声をかけ、許可を取ってください。 また、特定の一人の読書手帳を長時間みることは避け、
   できるだけ多くの生徒の読書手帳を公平に、同じ程度の時間でみてください。
   #特定の生徒のみ詳しく調べることは、その生徒には負担になりますし、また、他の生徒には「不公平感」をいだかせることになります。

5  知人のご子息がいる場合がありえますが、それに気づいても、一切反応をされないようお願いします。
   (親の方から直接依頼を受けている場合はその限りではありません)

6  複数の方で見学の場合、独立に見学してください。特定の生徒や特定の生徒の読書手帳を囲むようなことは避けてください。

7  休み時間中といえども、生徒の面前で担当講師に授業に関する質問をすることはおやめください。
   質問は、授業後、あるいは、メールでお願いします。

8  授業見学の際には、華美な服装あるいは、きつい香水、ハイヒール等足音のうるさい靴の着用はご遠慮願います。

9  授業見学中、見学者同士で、普通の声で話すことはご遠慮願います。

10  見学中、スマートフォン、携帯電話の使用はご遠慮ください。

11  授業見学中、メモをとるのはかまいませんが、生徒にプレッシャーを与えない形でお願いします。

12  選書している生徒の様子をみるのはかまいませんが、本をすすめることはご遠慮ください。

13  担当講師の許可なく、生徒に話しかけることはご遠慮ください。

以上、実際に授業をしている先生と生徒の気持ちを配慮して見学してくださるようお願いします。
なお、上記の注意事項を守っていただけていないと担当講師が判断した場合には、即座に退室をお願いすることがありますので、あらかじめご了承ください。

(2017/2/11 文責 古川昭夫)

Copyright © 2010, Scientific Education Group Co.,Ltd. All Rights Reserved.