SSS英語学習法研究会

会員の方はログインしてください。 会員登録がまだの方は こちら からどうぞ。

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方は こちら
ID、パスワードを保存する

ヘルプ
SSS●Review
登録者:[ ] 更新者:[ ] 登録日時:17/11/04 10:41:06 /更新日時:17/11/09 09:32:09
cd_syuppan:0000024624/cd_syoseki:0000025189
Curious Casebook of Inspector Hanshichi, The : Ditective Stories of Old Edo
Kidō Okamoto
この本を購入する      
YL(平均) 7.0
お薦め度(平均) ★★★★★
シリーズ名
  
総語数 117,000語 (概算)
その他詳細項目
出版社/その他, 種類/一般, ジャンル/Fiction:歴史 , 推理物, 総ページ/335ページ, メディア/書籍:ISBN 9780824831004(0824831004), 言語/English, 価格/  , サイズ/, 縦mm× 横mm    厚みmm 重さg, 装丁/ペーパーバック, 主対象年齢/
, 初版発行年/2007, 備考/出版社:Univ of Hawaii
音源 [音源情報はありません]
邦訳 タイトル:「半七捕物帳」
備考:岡本綺堂
映画・ビデオ化 [映画・ビデオ化情報はありません]


 書評委員のお薦め度★★★★★    読みやすさレベル(YL)6.0 ~ 8.0
19世紀になった頃、明治生まれの私は親戚のように親しくしている人から「オフミのことだけは謎だが」という不思議な言葉を聞き、その事件について詳しく聞く。のちに新聞記者になった「私」は事件を解決した半七親分と懇意になる。今は気楽な隠居老人である半七は、江戸時代の「岡っ引き」をはじめとする制度や言葉について、明治生まれの読者にもわかりやすく説明しつつ、現役時代に手がけた事件について話してくれる。

英語圏の読者向けの脚注や、半七親分の説明のおかげで、時代小説を読み慣れない読者にも読みやすくなっている捕物帳。岡本綺堂は原書でホームズを読んでいたそうで、謎解きも本格的。【柊】

<レビュー>