SSS英語学習法研究会

会員の方はログインしてください。 会員登録がまだの方は こちら からどうぞ。

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方は こちら
ID、パスワードを保存する

ヘルプ
SSS●Review
登録者:[ ] 更新者:[ ] 登録日時:17/03/18 13:47:03 /更新日時:17/03/18 14:53:58
cd_syuppan:0000024469/cd_syoseki:0000025034
Real Life of Sebastian Knight, The
Vladimir Nabokov
この本を購入する      
YL(平均) 6.0
お薦め度(平均) ★★★
シリーズ名
  
総語数 61,000語 (概算)
その他詳細項目
出版社/Random House USA, 種類/一般, ジャンル/Fiction:芸術 , 推理物, 総ページ/203ページ, メディア/書籍:ISBN 9780679727262(0679727264), 言語/English, 価格/16.00  US$, サイズ/, 縦mm× 横mm    厚みmm 重さg, 装丁/ペーパーバック, 主対象年齢/
, 初版発行年/1941, 備考/
音源 [音源情報はありません]
邦訳 タイトル:「セバスチャン・ナイトの真実の生涯」
備考:ウラジーミル・ナボコフ、講談社文芸文庫、1999年
映画・ビデオ化 [映画・ビデオ化情報はありません]


 書評委員のお薦め度★★★    読みやすさレベル(YL)5.0 ~ 7.0
「私」の異母兄セバスティアン・ナイトは1899年12月31日にセント・ペテルスブルクで生まれた。父が彼の母親を離縁した後、私の母と結婚したことは兄の伝記のどれにも書かれていない。世間の人は、セバスティアン・ナイトが有名な作家だということだけを知っている。ひどい人になると「退屈な人間でブロークンな英語を書いていた時期と、退屈な英語で書く壊れた人間だった時期しかない」とも言うが(この辺り、ナボコフ自身についての批判を意識しているのかいないのか)。

兄の死後「私」は「本当のセバスティアン・ナイト」を調べ始める。【柊】

<レビュー>