SSS英語学習法研究会

会員の方はログインしてください。 会員登録がまだの方は こちら からどうぞ。

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方は こちら
ID、パスワードを保存する

ヘルプ
SSS●Review
登録者:[ ] 更新者:[ ] 登録日時:17/03/09 18:02:42 /更新日時:17/03/09 18:02:42
cd_syuppan:0000024460/cd_syoseki:0000025025
Day of the Jackal, The
Frederick Forsyth
この本を購入する      
YL(平均) 7.0
お薦め度(平均) ★★★★★
シリーズ名
  
総語数 150,000語 (概算)
その他詳細項目
出版社/Random House UK, 種類/一般, ジャンル/Fiction:歴史 , 推理物, 総ページ/412ページ, メディア/書籍:ISBN 9780099552710(009955271X), 言語/English, 価格/  , サイズ/, 縦mm× 横mm    厚みmm 重さg, 装丁/ペーパーバック, 主対象年齢/
, 初版発行年/1971, 備考/
音源 [音源情報はありません]
邦訳 タイトル:「ジャッカルの日」
備考:フレデリック・フォーサイス
映画・ビデオ化 [映画・ビデオ化情報はありません]


 書評委員のお薦め度★★★★★    読みやすさレベル(YL)6.0 ~ 8.0
1963年、フランス大統領シャルル・ド・ゴールを暗殺するため、O.A.Sはジャッカルというコードネームのイギリス人を雇う。ド・ゴールはアルジェリアの植民地から手を引こうとしており、アルジェリアの占領のために沢山血を流してきたフランス軍人達は、その決断に激怒していたのだ。

当時、フランスで記者をしていたフォーサイスは虚実を織り交ぜながら、しかし、歴史の確実な事実「ド・ゴールは暗殺されなかった」を変えようとはしない。この隙のないジャッカルというプロはどこで間違えたのか。そして、恐妻家の迫力のない警視は、一体どのようにしてコードネームしかわからない人間を探し出すのか。二重のマンハントが始まる。【柊】

<レビュー>