SSS英語学習法研究会

会員の方はログインしてください。 会員登録がまだの方は こちら からどうぞ。

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方は こちら
ID、パスワードを保存する

ヘルプ
SSS●Review
登録者:[ ] 更新者:[ ] 登録日時:16/10/23 10:18:26 /更新日時:17/06/28 09:07:09
cd_syuppan:0000024363/cd_syoseki:0000024928
Once and Future King, The
T.H. White
この本を購入する      
YL(平均) 6.0
お薦め度(平均) ★★★
シリーズ名
  
総語数 282,000語 (概算)
その他詳細項目
出版社/Harper Collins UK, 種類/一般, ジャンル/Fiction:空想小説 , 歴史, 総ページ/858ページ, メディア/書籍:ISBN 9780008108588(0008108587), 言語/English, 価格/9.99  GBP-Pounds, サイズ/, 縦mm× 横mm    厚み47mm 重さg, 装丁/ペーパーバック, 主対象年齢/
, 初版発行年/2015, 備考/
音源 [音源情報はありません]
邦訳 タイトル:「永遠の王 アーサーの書」
備考:T. H. ホワイト、上下巻、創元推理文庫、絶版
映画・ビデオ化 [映画・ビデオ化情報はありません]


 書評委員のお薦め度★★★    読みやすさレベル(YL)5.0 ~ 7.0
1939年から1958年に刊行されたアーサー王物語4編に、1977年刊行の魔法使いマーリンの書をつけたとてつもなく分厚い本。

とあるお城に大きくなったらSir Kayと呼ばれる少年と、その遊び相手兼召使いみたいなWartという少年がいる。話の都合上、大人の飲んでいるものはポート・ワインということになっているが、現代人にわかりやすくしているだけで、本当はそれに似たもっと古代の飲み物らしい。時代がいつか明記されていないが、とにかく、古代なのだ。

2人の少年の教育係が首になり、新しい人を見つけないといけなくなるのだが、その間にWartがたまたま会ったこの地方の王様はPellinoreという名前で、少年達の教師になるのはMerlyn。あれ? どっかで聞いたことないですか? そう、Wartがアーサーなんです。誰も知らないけど。【柊】

<レビュー>