SSS英語学習法研究会

会員の方はログインしてください。 会員登録がまだの方は こちら からどうぞ。

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方は こちら
ID、パスワードを保存する

ヘルプ
SSS●Review
登録者:[ ] 更新者:[ ] 登録日時:12/08/12 20:36:30 /更新日時:18/05/13 12:05:14
cd_syuppan:0000022384/cd_syoseki:0000022949
History of the World in 10 1/2 Chapters, A
Julian Barnes
この本を購入する      
YL(平均) 7.0
お薦め度(平均) ★★★★
シリーズ名
  
総語数 108,000語 (概算)
その他詳細項目
出版社/Random House UK, 種類/一般, ジャンル/Fiction:空想小説, 総ページ/309ページ, メディア/書籍:ISBN 9780099540120(0099540126), 言語/English, 価格/8.99  GBP-Pounds, サイズ/, 縦mm× 横mm    厚みmm 重さg, 装丁/ペーパーバック, 主対象年齢/大人, 初版発行年/1999, 備考/
音源 [音源情報はありません]
邦訳 タイトル:「101/2章で書かれた世界の歴史」
備考:ジュリアン・バーンズ
映画・ビデオ化 [映画・ビデオ化情報はありません]


 書評委員のお薦め度★★★★    読みやすさレベル(YL)6.0 ~ 8.0
まずはノアの方舟だ。「あれは動物がぎゅうぎゅうにつまっていて、臭かったねえ」。人間ではないらしい「目撃者」がノアの欺瞞、聖書に書いていない「本当のところ」を語っていく。ユニコーンが、ベヘモートが方舟から投げ捨てられて絶滅した理由。ノアたちは何を食べていたのか。強そうなカラスではなく、弱々しい鳩がオリーブの葉を見つけたわけ。そして「大工たちが知らずに恭しく運んだ」密航者らしい目撃者は何者なのか。

第二章は打って変わって、テレビの人気キャスターがツアーガイドを務める、ギリシャの名所クルーズ。【柊】

<レビュー>