SSS英語学習法研究会

会員の方はログインしてください。 会員登録がまだの方は こちら からどうぞ。

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方は こちら
ID、パスワードを保存する

ヘルプ
SSS●Review
登録者:[ SUNSUN ] 更新者:[ mitsugi ] 登録日時:05/02/09 15:01:25 /更新日時:07/03/21 14:23:49
cd_syuppan:0000008872/cd_syoseki:0000009437
Family Under the Bridge, The
Natalie Savage Carlson
この本を購入する      
YL(平均) 4.4
お薦め度(平均) ★★★★★
シリーズ名
  
総語数 17,747語 (出版社提供)
その他詳細項目
出版社/Scholastic USA, 種類/児童書/Teens向, ジャンル/Fiction:人間もの, 総ページ/97ページ, メディア/書籍:ISBN 9780064402507(0064402509), 言語/English, 価格/  , サイズ/, 縦mm× 横mm    厚みmm 重さg, 装丁/ペーパーバック, 主対象年齢/小学校高学年, 初版発行年/
, 備考/
音源 [音源情報はありません]
邦訳 タイトル:橋の下の子どもたち
備考:ナタリ-=サベッジ・カ-ルソン著 なかがわちひろ訳 ガ-ス・ウィリアムズ画 フェリシモ 2002.5
映画・ビデオ化 [映画・ビデオ化情報はありません]


 書評委員のお薦め度★★★★★    読みやすさレベル(YL)4.5 ~ 5.0
舞台はパリ。セーヌ側の橋の下で暮らすhobo(ホームレス?)の話です。Armandは自由が何より大切、誰にも邪魔されず暮らしたいと橋の下でのんびり暮らしていたのですが、クリスマスも近い寒い冬、父親を失い行く当てのなくなった、3人の子ども達とその母親にに出会います。Armandはこどもは嫌い、心を奪われるからと避けてきたのに、無視できず、一緒に暮らす事になってしまいます。もうすぐクリスマス、子ども達はFather Christmas(Santa Claus)を信じています。子ども達を取り巻く人々、Armandの心の変化など、心の温かくなるものがたりです。Newbery Honor Bookです。

<レビュー>