SSS英語学習法研究会

会員の方はログインしてください。 会員登録がまだの方は こちら からどうぞ。

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方は こちら
ID、パスワードを保存する

ヘルプ
SSS●Review
登録者:[ ポロン ] 更新者:[ あきお ] 登録日時:04/12/29 18:31:45 /更新日時:05/11/12 17:06:23
cd_syuppan:0000008591/cd_syoseki:0000009156
Tenth Good Thing About Barney, The
Judith Viorst
Erik Blegvad
この本を購入する      
YL(平均) 1.0
お薦め度(平均) ★★★★★
シリーズ名
  
総語数 820語 (出版社提供)
その他詳細項目
出版社/Aladdin Paperbacks, 種類/絵本, ジャンル/Fiction:Fiction, 総ページ/25ページ, メディア/書籍:ISBN 9780689712036(0689712030), 言語/English, 価格/  , サイズ/, 縦mm× 横mm    厚みmm 重さg, 装丁/ペーパーバック, 主対象年齢/
, 初版発行年/1971, 備考/
音源 [音源情報はありません]
邦訳 タイトル:ぼくはねこのバーニーがだいすきだった
備考:偕成社 1979年
映画・ビデオ化 [映画・ビデオ化情報はありません]


 書評委員のお薦め度★★★★★    読みやすさレベル(YL)0.7 ~ 1.3
「ぼく」の大好きだったねこのバーニーが死んでしまいました。悲しくてごはんも食べられない「ぼく」に、お母さんは、バーニーのいいところを10思い出してごらん、お葬式でみんなに伝えられるように、と言います。でも、「ぼく」は9つしか思いつくことができませんでした。お葬式が終わり、お父さんと庭仕事をしているうちに、「ぼく」はあることに気がつきます。
愛するものの死と向き合う子どもを、この両親は愛情深く支えます。悲しみを乗り越えていく彼の姿に、心打たれずにいられません。【ポロン】

<レビュー>