SSS英語学習法研究会

会員の方はログインしてください。 会員登録がまだの方は こちら からどうぞ。

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方は こちら
ID、パスワードを保存する

ヘルプ
SSS●Review
登録者:[ 久子 ] 更新者:[ 699分の1 ] 登録日時:04/08/22 21:02:12 /更新日時:07/08/21 10:54:42
cd_syuppan:0000006257/cd_syoseki:0000006703
Owl Who Was Afraid Of The Dark, The
Jill Tomlinson
この本を購入する      
YL(平均) 3.2
お薦め度(平均) ★★★★
シリーズ名
  
総語数 8,300語 (概算)
その他詳細項目
出版社/EGMONT, 種類/児童書/Teens向, ジャンル/Fiction:動物, 総ページ/91ページ, メディア/書籍:ISBN 9780749707958(074970795X), 言語/English, 価格/3.99  GBP-Pounds, サイズ/, 縦mm× 横mm    厚みmm 重さg, 装丁/ペーパーバック, 主対象年齢/小学校低学年, 初版発行年/1968, 備考/
音源 [音源情報はありません]
邦訳 タイトル:くらやみをこわがったフクロウぼうや
備考:ジル・トムリンソンさく 松永ふみ子やく 木下惇子え 偕成社 1983
映画・ビデオ化 [映画・ビデオ化情報はありません]


 書評委員のお薦め度★★★★    読みやすさレベル(YL)3.0 ~ 3.5
暗闇が怖いふくろうの男の子Plopのお話です。夜が怖いから昼の鳥になりたい
と言う息子に「暗闇は怖くない」とお母さんふくろうが言い聞かせるます。
お母さんふくろうに促されてPlopは色々な人に「暗闇」をどう感じるか質問します。
小さな子供に、「暗闇」についていろいろな面を教える目的で書かれている
本のようです。

字が大きく、可愛らしいPlopの挿絵も多く読みやすいです。
この本に、挿絵を書いているのは、Susan Hellard、ISBN:1405210931 は
Paul Howard で、かなり雰囲気が違います。
【久子】

<レビュー>