SSS英語学習法研究会

会員の方はログインしてください。 会員登録がまだの方は こちら からどうぞ。

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方は こちら
ID、パスワードを保存する

ヘルプ
SSS●Review
登録者:[ H.O. ] 更新者:[ まりあ ] 登録日時:04/04/15 00:00:00 /更新日時:05/03/14 03:02:36
cd_syuppan:0000003955/cd_syoseki:0000003955
Kit Learns a Lesson: A School Story
Valerie Tripp
この本を購入する      
YL(平均) 3.5
お薦め度(平均) ★★★★★
シリーズ名
 American Girls Collection 
総語数 9,384語 (出版社提供)
その他詳細項目
出版社/その他, 種類/児童書/Teens向, ジャンル/Fiction:人間もの, 総ページ/67ページ, メディア/書籍:ISBN 9781584850182(1584850183), 言語/English, 価格/5.95  US$, サイズ/, 縦mm× 横mm    厚みmm 重さg, 装丁/ペーパーバック, 主対象年齢/
, 初版発行年/2000, 備考/
音源 [音源情報はありません]
邦訳 [邦訳出版物情報はありません]
映画・ビデオ化 [映画・ビデオ化情報はありません]


 書評委員のお薦め度★★★★★    読みやすさレベル(YL)3.5 ~ 3.5
The American Girls Collection の中の、Kitシリーズの2巻目です。
  Kitは、大恐慌に苦しむ1933年頃のシンシナチに住む、新聞作りが趣味の活発な少女です。不況で事業をたたんだ父にはまだ職が見つかりません。兄は新聞配達を始めましたし、母は家計の足しにと賄い付き下宿を始めました。父はシカゴに職探しに行くことも考え始めましたが、Kitは父が家にいてくれることを願っています。
  感謝祭が近づいたので、みなが乏しい中からも少しずつ持ち寄った食べ物を、貧困者のための給食施設に届けたりの活動をして、Kitはとうとう父の秘密を知ってしまいます...落胆と不安の中で、Kitには素晴らしいアイディアが浮かんだのでした。
  巻末の資料特集では、当時の学校や通信簿、学校に行かれず綿摘みをする少女の写真などが載っています。不況は学校予算も直撃し、教師は給料を4分の1から無給にまで下げられたり、あるいは休校に追い込まれたそうです。深刻な大恐慌の様子と、そんな困難な状況の中で助け合った人々の様子が理解できますが、1巻目を先に読んでいた方がKitの家庭の事情が分かりやすいでしょう。(まりあ)

<レビュー>