中2数学(本科)コース授業案内

高3までの一貫カリキュラム

SEG数学(本科)コースでは、高2の秋までに、「中学・高校数学全範囲+α」の内容について、独自に再配置し、大学入学後にも役立つ数学の知識・技術・考え方を習得します。高2の冬期からは、さらに、受験に必要な技術を習得し、志望大学合格を目指します。

中2数学コースの特徴

中2の1年間で、文部科学省の学習指導要領の中3数学+αを1年間で講義・演習します。

  1. (1)2次式の平方完成を重視し、2次方程式、2次関数の最大最小に応用します。
  2. (2)相似を使った証明、円周角の感覚、空間図形の感覚の体得を重視します。
  3. (3)大学入試で多くの方が苦手とする場合の数について、中2で基礎を学びます。

進度と入会時期に合わせて3つのコースを開講

(1)中2数学BCコース(春期~翌年2月)
1次関数、合同・相似の証明が既習の方を対象に、平方根の定義・性質から始めて、展開・因数分解、2次方程式、2次関数、円周角、空間図形、場合の数を1年間で学習します。基礎から標準問題まで、類題演習を豊富に行うBクラスと、基礎から発展問題まで、類題演習よりも、幅広い話題について講義・演習するCクラスがあります(1クラス22名程度)。
(2)中2数学Xコース(春期~6月)
1次関数、合同・相似の証明が未習の方を対象に、1次関数、幾何の証明から始め、夏期講習から中2数学BCコースに合流します。
(3)中2数学Yコース(夏期~11月)
平方根・2次方程式が未習の方を対象に、平方根・2次方程式から始め、冬期講習から中2数学BCコースに合流します。

※数学の受講コース・クラスを迷われる方向けに、判定問題を用意しています。

新年度は春期講習からスタート

  1. (1)春期講習から始める方のために、中2数学Xコースをご用意しています。Xコースは、春期講習からスタートし、夏期講習から中2数学BCコースに接続します。まずは春期講習を受講し、SEGの授業方式を理解のうえ、入会試験を受験してください。なお、「中2数学X 入会講座 1次関数・幾何の証明」には、「中2数学X入会試験」が付属しています。
  2. (2)夏期からの受講も可能です。詳しくは、「夏期入会」をご覧ください。
  3. (3)冬期からの受講も可能です。詳しくは、「冬期入会」をご覧ください。

※日程の都合で春期講習が受講できない方、2学期、3学期から受講希望の方は、受付にご相談ください。

数学の楽しみを伝えるカリキュラム

代数・幾何・確率の各分野の学習を通じて、数学の楽しみを皆さんに伝えることが私達の使命です。そのために生徒の皆さんに、例えば数学BCコースでは、次のようなことに挑戦してもらいます。

  1. (1)春期講習では、ルートの意味を考え、Cクラスでは、ルートの数値計算にも挑みます。
  2. (2)1学期では、折り紙を使った正五角形の作図に挑みます。
  3. (3)夏期講習では、円周角による相似を利用して、チェバもどきの定理に挑みます。
  4. (4)2学期では、正多面体の計量に挑みます。
  5. (5)冬期講習では、4点を円が通る条件を利用した幾何の証明に挑みます。
  6. (6)3学期では、場合の数を素材に「実験・発見・証明」のプロセスに挑みます。

年間授業時間数・授業内容

学期 春期 4-6月期 夏期前期 夏期後期 9-11月期 冬期 1-2月期
授業時間 (3時間×5日) (3時間×12週) (3時間×5日) (3時間×5日) (3時間×12週) (3時間×4日) (3時間×7週)
中2数学
BC
平方根 展開・因数分解
平方完成と2次方程式
円周角 2次関数 座標と2次関数
立体図形
幾何総合演習 場合の数
中2数学
X
幾何の証明
1次関数
平方根
展開・因数分解
平方完成と2次方程式
夏期講習から中2数学BCに合流
中2数学
Y
平方根
展開・因数分解
平方完成と2次方程式
2次関数
円周角
立体図形
冬期講習から中2数学BCに合流

中2数学の授業の流れについて

授業本体

講義と個別演習、対話型演習の組み合わせです。先生のスタイルにより、また、授業の内容により異なりますが、おおむね次のような形で授業が行われます。

  • ・復習テスト
    授業の冒頭の15分から30分は、前回までの授業の内容を理解しているかどうかの復習テストに当てられます。
  • ・新出事項の講義
    たとえば、「円周角」の初回であれば、「円とは何か、中心角とは何か、円周角とは何か」を約1時間で講義します。多くの場合、講義は、生徒と対話しながら行われます。
  • ・個別演習
    生徒が自分自身で解く時間を用意しています。講師は机間巡視をし、間違いを指摘したり、褒めたり、ヒントを出したりします。
  • ・対話型演習
    重要な問題や複雑な問題については、一定時間解く時間を与えた後に解説します。その際、生徒に質問し、方針や使うべき性質について確認します。
家庭学習

授業では、白紙の状態から新出事項を解説するので、予習の必要はありません。ただし、チャレンジ問題などを事前に予習してきていただく場合もあります。復習は必須です。

  • ・宿題
    毎週、30分~1時間程度で解ける宿題を課します。この宿題を解くことが復習となります。部活動や学校で忙しい方でも十分にこなせるよう、適度な量となっています。これをこなせていれば、中学生の間は、その他に特に問題集等を無理にする必要はありません(逆に解けない場合には、しっかりとノートを見返して復習してください)。宿題は毎回提出していただき、採点・添削し、返却します。
  • ・発展課題
    余裕のある方、意欲的な方のために、毎回、発展課題(チャレンジ問題)を2~3題用意しています。原則として、授業を理解していれば必ず解ける問題が1題、相当な難問が1題含まれています。SEGで力をつけ、東大理系や難関医学部に合格した生徒のほとんどが、中学時代に、チャレンジ問題に取り組んでいます。なお、さらに多数の難問に挑戦したい方は数学Extremeコースを併行受講してください。
クラス分け試験
学期毎に、達成度確認を兼ねたクラス分け試験があります。初回のクラス分け試験が受験できなかった場合や結果が不本意だった場合には、別途、再試験を受験してください。

受講生の声

円周角の定理とその周辺B/C

  • ・円周角の定理は学校でやっていたが、それが色々な図形に使えることは知らなかった。また、それと一緒に学校ではやっていなかった方べきの定理を習い、より複雑な図形の問題も解けるようになったので良かったです。(巣鴨)
  • ・図形の問題では、どことどこが相似だということを自分で発見できたり、なるほどと思うことが多くて楽しかったです。(筑附)

2次関数と放物線B/C

  • ・この講座をうけるまで2次方程式の解き方も2次関数のグラフも知りませんでしたが、おかげさまでどちらもマスターできました!(豊島岡女子)
  • ・学校で未習の内容でしたが、基本的なところから無理なく導入することができ、最終的には様々な応用もできるようになったので、自信がつきました。(海城)

どうしても通常授業に出席できないとき

振替
登録クラスに出席できなくなった時は、同レベルの他日程のクラスへの登録変更、あるいは、一時的に振替受講をすることができます。ご希望の際は、事前にお電話または受付窓口にてお申し出ください。
※次の点を、あらかじめご了承ください。
・クラスによって進度や授業構成が若干異なることがあるため、クラス変更や振替受講により、授業で扱う問題に抜けや重複が生じる場合があります。
・変更希望先または振替希望先の申込人数の状況等により、ご希望に沿えない場合があります。
本問解答
学校行事・病気等やむを得ない事情で登録クラスに出席できず、振替受講もできない方のために、Webにテキスト本問の簡単な解答等を用意しています。閲覧方法については、授業内で配布されるプリントをご覧ください。 

保護者面談

年2回、1学期終了後、2学期終了後に担当講師と保護者の面談会があります。学校の試験が不振な場合、学校の試験問題・採点方法に納得できない場合には、問題と答案をご持参ください。
なお、学校の成績不振、留学、新規科目受講等の場合には、随時、相談を受け付けています。

編入について

夏期入会
平方根・2次方程式が既習の方は、「夏期(前期/後期)・中2数学BC」の講座を受講のうえ、「中2数学BC入会試験」を受験してください。 平方根・2次方程式が未習の方は、「夏期・中2数学Y」の講座を受講してください。講座最終日の試験が「中2数学Y」への入会試験を兼ねています。

冬期入会
平方根・2次方程式・2次関数y=ax2+bx+cが既習の方は、「冬期・中2数学BC」の講座を受講のうえ、「中2数学BC入会試験」を受験してください。
※日程の都合で春期講習が受講できない方、2学期、3学期から受講希望の方は、受付にご相談ください。

進級について

中3進級
「中2数学BC」受講者の方は、「中3数学CD」に進級します。進級のためには、クラス分け試験で基準をクリアする必要があります。最初の試験で基準点に達しない場合には、再試験を受けてください。