中2英語多読コース授業案内

中2英語多読コースの特徴

授業は、日本人講師による多読の個別指導(80分)、ネイティブ講師による会話と文法の指導(80分)の組み合わせです。試験結果により、B(基礎)、C(標準)、D(上級)の3レベルにクラス分けします(1クラス14名程度)。

授業は春期講習からスタート

英検2級以上の力がある方は「中2英語多読D」を、英検3級~準2級程度の力がある方は「中2英語多読C」を、英検5級~3級程度の力がある方は「中2英語多読B」をお勧めします。どのレベルが適切かよく分からない、まずはネイティヴ講師の授業のない多読多聴中心のクラスの方が良いという方には「中2英語多読入門」がお勧めです。
春期講習について詳しくはこちら

多読の楽しみを伝えるカリキュラム

多読の楽しみは、自分が分かる本を読む、自分が好きな本を読むことです。自分が好きな本を読めるようになるには時間がかかりますが、小学校の時から継続して英語を学んでいた方ならかなり早い段階で、また、現在英語がやや苦手な方でも、本人のやる気次第で1年以内に1冊1万語を越す本を読めるようになってきます。

●中2多読についてより詳しい情報はこちら
●SEG多読全体についてより詳しい情報はこちら

年間授業内容・授業回数

◆使用テキスト(ネイティブパート)一覧

クラス 中2英語多読Bクラス 中2英語多読C/Dクラス
春期以降 オリジナルテキスト(SEG) オリジナルテキスト(SEG)

年間授業回数は、春期講習 5回、4-6月期 12回、夏期講習 5回×2、9-11月期 12回、冬期 4回、1-2月期 7回の計50回です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

中2英語多読の授業の形

英語多読コースは、物語全体をまるごと読むことで英語を英語のまま理解し、だんだんとインプット・アウトプットの精度を上げていくコースです。

  1. ①多読・多聴授業
  2. ②会話・文法授業
  3. ③宿題としての読書
を3本の柱に英語を身につけていきます。

多読・多聴授業

多読クラスは少人数の集団授業です。クラス全員で同じ本を読む一斉読みの時間と、一人ひとりが別々の本を読む個別読みの時間があります。個別読みの時間では、受講生の英語学習経験・読書経験に合わせて個別に適切な本を読んでいただきます。
例えば、毎年中2・3の春期講習では、中1から受講している生徒がMagic Tree HouseやJudy Moodyのような児童書の原書を読んでいる隣で、新規受講の生徒がOxford Reading Treeのような基礎レベルの本を読んでいる光景が見られます。一方、帰国生の中には、Harry Potterなどを読んでいる生徒もいます。

会話・文法授業

「入門クラス」と「多読多聴Rクラス」を除き、すべての中学英語多読クラスでは、授業時間の半分を使って、ネイティブ講師による会話・文法授業を行います。中2では、習った文法を使って会話演習をするとともに、2週に1度Writingを添削します。

宿題としての読書

多読クラスの特徴は、宿題としての読書です。授業中よりさらに自由にいろいろな本を楽しむことができます。

受講生の声

  • ・CDを聴きながら本を読むと、不思議と内容が分かってきます。分からない単語も文章の前後を見ればだいたい把握できるので、語い力をのばすには多読が一番だと思います。(白百合)
  • ・この授業ではクラスの人とよく英会話ができたのでたのしかったです。(雙葉)
  • ・英語が楽しく学べる。ネイティブの先生との会話も、初めは緊張するが、そのうちしなくなって最後は率先して発言するようになり、自分の力になっていると感じられる。(筑附)
  • ・英語が楽しく学べる。ネイティブの先生との会話も初めは緊張するがそのうちしなくなって、最後は率先して発言するようになり自分の力になっていると感じられる。(筑附)
  • ・CDを聴きながら本を読むと、不思議と内容が分かってきます。分からない単語も文章の前後を見ればだいたい把握できるので、語い力をのばすには多読が一番だと思います。(白百合)

どうしても通常授業に出席できないとき

振替
登録クラスに出席できなくなった時は、同レベルの他日程のクラスへの登録変更、あるいは、一時的に振替受講をすることができます。ご希望の際は、事前にお電話または受付窓口にてお申し出ください。
※次の点を、あらかじめご了承ください。
・クラスによって進度や授業構成が若干異なることがあるため、クラス変更や振替受講により、授業で扱う問題に抜けや重複が生じる場合があります。
・変更希望先または振替希望先の申込人数の状況等により、ご希望に沿えない場合があります。

保護者面談

保護者面談
1学期、2学期に各1回、保護者会(全体会・クラス会)があります。クラス会の後、希望者の方には個人面談を行っています。

編入について

夏期入会
新規生専用講座、および「夏期・中2英語多読B/C/D 前期」の講座には、最終日に行われるクラス分け・入会試験が付属しています。
2学期の通常授業の受講をご希望の方で、夏期講習前期の講座が受講できない場合は、別途クラス分け・入会判定試験を受験してください(要申込)。
冬期入会
新規生専用講座には、講座最終日に行われるクラス分け・入会試験が付属しています。 
3学期の通常授業の受講をご希望の方で、冬期講習が受講できない場合は、別途クラス分け・入会判定試験を受験してください(要申込)。

進級について

中3進級

「中2英語多読BCD」から、「中3英語多読CDE」に進級します。多読多聴専科の「英語多読多聴R」クラスに進級することも可能です。なお、合格基準点を下回る場合には、進級できないことがあります。

●中2多読についてより詳しい情報はこちら
●SEG多読全体についてより詳しい情報はこちら