中学英語

多読・多聴で生きた英語を!

ココが違う!中学英語におけるSEGのこだわりポイント

多読とネイティブで英語を身につけよう!

子供たちには、未知の言語を自然に習得する能力が備わっています。この能力を最大限に活用するには多読・多聴とAll Englishでの授業が有効です。やさしい絵本から始めてしっかり理解して読み、多読の中で出会った表現を使って話す・書く機会を増やせば、高校生になってTOEIC800点やTOEFL80点を超す英語力や、Harry Potterを楽しむ読書力が育つのです。

マジック・ツリー・ハウス、原書で楽しみませんか?

英語多読コースでは、英語を母語とする講師(以下、ネイティヴ講師といいます)による文法の解説・会話演習と併行して、非常にやさしい絵本を、CDを聴きながら読むことから始めて、読む本のレベルを徐々に上げ、大量の英文に触れながら英語力をつけていきます。中1の1年間で20万語以上読み、中2では「ぼくはめいたんてい」(Nate the Great)、中3では「マジック・ツリー・ハウス」(Magic Tree House)、高1では、「ダレン・シャン」(Darren Shan)、高2では「ハリー・ポッター」(Harry Potter)や「プリンセス・ダイアリー」(The Princess Diaries)のような中高生向けの一般書を原書で読むことを目指します(英語既習者の方や、意欲的な方の中には、もっと早い段階で上記の洋書を読めるようになる方もいます)。

中2終了時に、高3生の全国平均を上回る英語力!

初期段階から生の英語のシャワーを浴びることにより、英語を英語のまま理解できる力が育ちます。中2の2月には、ACE「英語運用能力テスト」において、多読コース受講生の平均点は高3生の全国平均を上回っています。小学生のとき、英語をほとんど習っていなかったにもかかわらず、300万語の多読の結果、中3の夏にTOEIC 800点を超えた方もいます。また、英語既習者の中には、中3の秋にTOEFL 80点を超えた方もいます。

受験までの6年間一貫プログラム

英語多読コースは、社会に出てから必要な英語力をつけるとともに、日本国内での大学受験・海外の大学への進学も見据えたプログラムになっています。SEGでは、多読と精読の組み合わせで、大学入試までに基本2000語+専門用語1000語を確実に習得してもらいます。 ネイティブ講師が教える授業についての年間授業案内は、こちら をご参照ください。

学年 基本語彙数 多読目標語数・本のレベル
中1・中2 1000語 40万語・Mr. Putter and Tabby, Nate the Great
中3・高1 2000語 150万語・Magic Tree House, Darren Shan
高2・高3 3000語 300万語・Harry Potter, The Princess Diaries・入試評論文
  • 中1英語詳細へ
  • 中2英語詳細へ
  • 中3英語詳細へ