高2英語多読コース授業案内

多読で総合的な英語力を伸ばそう!

SEGでは、英語読書を通じて英語を直読直解する力を高め、インプット・アウトプットの精度を上げていきます。長文読解力が急速に伸びるだけでなく、文法・語彙力も、文法を中心に学習する従来型のクラスより高い効果があります。受験までに、100万語から200万語の多読(=辞書を使わない読書)をすることで、大学受験や大学入学後に必要な語彙力・読解力・表現力をつけます。

思った時がスタートの時 早速多読を始めよう!

「この時期から多読を始めて受験に間に合うの?」と思われる方もいるでしょう。しかし、毎年、高2の春期から多読を始めた方も多数、受験に成功しています。英語といえば、「文法・構文・単語の暗記しかない」と思いがちですが、暗記中心はストレスがたまります。それに対して、自分の読める本、自分の興味がある本を英語で読書する多読はストレスの少ない方法であり、(1)楽しく、(2)読書速度が上がり、(3)頻出表現を自然に覚えることができる合理的な学習法です。

「多読」で語彙を着実に増やします

多読の良いところは、

  1. (1) 英単語の、実際の英文の中での使われ方を含めた『幅広い意味』が身につく
  2. (2) 単語の組み合わせによる表現の多様さに触れることで、自然な表現が身につく
  3. (3) 長文に慣れることにより、英文を速く正確に読めるようになる
の3点です。

学習スタイルに応じた2つのコース

① 高2英語多読FGコース
毎回の授業で、90分を日本人講師が多読指導、90分をネイティブ講師が、All Englishで精読・文法・会話・英作文の指導をします。通常授業は、クラス分け試験の結果に応じて、F(標準)・G(上級)の2レベルに分けて指導します。なお、多読指導パートの中で、和訳・文法演習も行います。1クラス8~18名の少人数クラスです。
② 高2英語多読YZコース
毎回の授業で、90分を日本人講師が多読指導し、90分を別の日本人講師が日本語で文法・精読・和訳などの指導をします。大学受験に備えて、文法・語彙を再整理し、受験での得点力を早めに確実にしたい方に適しています。なお、年度の途中でも、クラス分け試験の結果に応じて、FGコースへ変更することも可能です。1クラス8~18名の少人数クラスです。

●高2英語多読についてより詳しい情報はこちら
●SEG英語多読全体についてより詳しい情報はこちら

高2英語多読の授業の形

英語多読コースは、物語全体をまるごと読むことで英語を英語のまま理解し、だんだんとインプット・アウトプットの精度を上げていくコースです。

  1. ①多読・多聴授業
  2. ②会話・文法授業
  3. ③宿題としての読書
を3本の柱に英語を身につけていきます。

多読・多聴授業

多読クラスは少人数の集団授業です。クラス全員で同じ本を読む一斉読みの時間と、一人ひとりが別々の本を読む個別読みの時間があります。個別読みの時間では、受講生の英語学習経験・読書経験に合わせて個別に適切な本を読んでいただきます。

会話・文法授業 (高3は、和訳・英作文の授業)

「英語多読多聴入門」および「英語多読多聴R」「高2英語多読YZ」を除き、すべての高1・2英語多読クラスでは、授業時間の半分を使って、ネイティブ講師による会話・文法授業を行います。

宿題としての読書

多読クラスの特徴は、宿題としての読書です。授業中より、さらに自由にいろいろな本を楽しむことができます。

より詳しい授業内容については、こちらをご覧ください。

年間授業回数

年間授業回数は、春期講習 5回、4-6月期 12回、夏期講習 5回×2、9-11月期 12回、冬期 4回、1-2月期 7回の計50回です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

受講生の声

  • ・ネイティブクラスは自分のもっている英語力の中で自分の考えを話したり議論をしたりして、とても楽しかったです。多読クラスでは、自分の好きなジャンルの本を自由に読めるので、凄く満足でした。(筑駒)
  • ・私は精読してきて、どんな文章でも構造を分析すれば必ず読めるといった能力を磨いてきました(とはいえ、まだ至らない点があるので、これからも続けます)。ただ、精読ができるようになり、次に必要なのは具体→抽象 すなわち全体的に見渡す力、文章をくみ取る力、読むスピードにリスニング、スピーキングだと思います。だからこそ、英語を多角的に伸ばしたい、という思いもあり、夏から多読クラスにも通うようにしました。多読Rクラスは本当に多読・多聴に特化しているので、私みたいに今まで精読をしてきて、そこに色々追加して多角的に英語を身に付けようとしている人にはまさに目からウロコのクラスだと思います。(攻玉社)
  • ・グループワークを沢山したり、英語で話す機会が多く、楽しかった。単なる文法、単語学習とは違って生きた英語を学ぶことができて良かった。また受講したいです。(お茶の水附)
  • ・シャドーイングを初めてやったので、印象に残りました。これからもやってみようと思いました。授業を通して「英語を楽しく読む」という体験ができたのが一番の収穫でした。今までは話の筋が淡々と描かれた、、今思うと「教材用」の本を読むことばかりだったので、普段の読書の様な描写や人物の心情を英語で読み取ることができて楽しかったです。英語の本を読むことへのイメージが変わった気がします。(日比谷)

どうしても通常授業に出席できないとき

振替
登録クラスに出席できなくなった時は、同レベルの他日程のクラスへの登録変更、あるいは、一時的に振替受講をすることができます。ご希望の際は、事前にお電話または受付窓口にてお申し出ください。
※次の点を、あらかじめご了承ください。
・クラスによって進度や授業構成が若干異なることがあるため、クラス変更や振替受講により、授業で扱う問題に抜けや重複が生じる場合があります。
・変更希望先または振替希望先の申込人数の状況等により、ご希望に沿えない場合があります。

保護者面談

保護者面談
9-11月期に保護者対象の翌年度の授業内容の説明会を行っています。
説明会以外でもご相談を承ります。ご相談を希望される場合は、受付までお申し出ください。。

編入について

夏期入会
「夏期・高2英語多読F/G/Y/Z 前期」の講座には、最終日に行われるクラス分け・入会試験が付属しています。
9-11月期の通常授業の受講をご希望の方で、夏期講習前期の講座が受講できない場合は、別途クラス分け・入会判定試験を受験してください(要申込)。
冬期入会
「冬期・高2英語多読F/G/Y/Z 」の講座には、クラス分け入会試験が付属していません。入会希望の場合には、必ず別日に行われるクラス分け・入会試験(要申込)を受験してください。

進級について

高3進級

「高2英語多読F/G/Y/Z」から「高3英語多読FGH」「基礎からの受験英語」のいずれかに進級します。なお、進級時に進級基準点を下回る場合には、進級できない場合があります。
●高2英語多読についてより詳しい情報はこちら
●SEG英語多読全体についてより詳しい情報はこちら