Re: とってもキリン読みですが。

[掲示板: 読書のことなんでも -- 最新メッセージID: 649 // 時刻: 2020/7/4(12:21)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

645. Re: とってもキリン読みですが。

お名前: 杏樹
投稿日: 2020/6/12(00:10)

------------------------------

かほるさん、こんにちは。

多読をしたら、おもしろい本に出合って、どんどん読んで…ということになるわけですが、スランプも襲ってきます。
yukiさんがおっしゃるように、自分に対する期待値が上がって、もっとレベルの高い本が読みたい、でも読めないというジレンマにも陥ります。

そういう時は無理に読もうとしないでください。
読んでみて進まない…と思ったら遠慮なく「後回し」にしてください。
いろいろな本に手を出していたら、そのうちおもしろく感じて読みたくなる本に出会えます。

レベルが上がらないかなーと思い始めたら、スランプに陥る可能性が高いです。
多読で児童書のおもしろさにハマったのに、だんだん「レベル3」ぐらいの本に飽きてきて、違うものが読みたいーと思って手を出したらわからない、読めない。

逆に、レベルがずっと高いのに「読みたい!!」と思って我慢できずに手を出した本が本当におもしろくて、理解度半分ぐらいなのにそのまま読んでしまう、ということもあります。

多読をしていたら、いろいろなことにブチ当たります。いつもすらすら楽しく、とはいきません。乗り越え方は人それぞれです。多読三原則を信じて、ゆっくり続けていってください。
ゆっくりでも読んでいれば語数は増えます。その分読む力は付いていきます。多読は本当に、「知らないうちに」「いつのまにか」読めるようになっていくものです。

それでは
Happy Reading!


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.