That's right!

[掲示板: SSS雑談の掲示板 -- 最新メッセージID: 3555 // 時刻: 2022/8/18(23:15)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1878. That's right!

お名前: はまこ
投稿日: 2007/4/24(17:42)

------------------------------

たかぽん、こんにちはー。このレスを読んだ次の日から掲示板を
全く読まずにいました〜。ごめんしてね。
"There's a kind of hush"って、このタイトルを読む直前に
聴いてたのよねん。オールディズ3曲組み2,000円のCDを買ったら
その中に入ってた(^^)

ところで、レスにレスを書かずに近況報告でっす(雑談だからいいよねー?)
日付を見たらたかぽんのレスを読んだのがたぶん4月8日。それから2週間ぐらいかぁ。
その間伸びたり縮んだりしてました。よーわからん表現でごめん(^^)>"

そんでもって、一昨日から自分のオーラの色がはっきり見えるようになったよ(^^)V
といっても、私の基本色はどうやら緑色で、他にはオレンジ、紫、青が見やすい
順番かなぁ、ぐらいなんだけど。それでも日々見える範囲や種類が増えていくみたい。
今日ふと気付いたら白、グレー、黒、赤、ピンクも見えてて、
でも、たぶんもっと色があるみたい。どういったらいいかわからないけど、
可視光線で見られる色じゃない色がたくさんあるみたい・・・かな。
後ね、オーラが見えるといいなーって思い出した2週間後ぐらいからエーテル体だったら
見えるようになったって書いたでしょ、このスレッドだっけ。忘れたけど。
この白いような透明のようなゆらゆら揺れてるのはどこまで伸びるのかなーって
見てたらとりあえず手を伸ばした範囲までは見えるって書いたっけ?
あれ、結局伸ばそうと思ったらどこまでも伸びるみたい。
でも、色はずっと見えなかったのね。色が見えるなら緑がいいなー
それかピンク(愛と平和の色だから)
って思ってたら、10日ぐらい前かなー、初めて色が見えた!という瞬間は
金色だった(^o^) 見えた!綺麗!って思った瞬間、ちびはまがみにはまを
抱っこして階段を駆け上がってきて、色は消えちゃった(--)
で、一昨日ぐらいからはっきり見え出したんだけど、オーラって綺麗〜。
うっとり〜〜〜。イメージではもうちょっとべったり?した色なのかと思って
たけど、透明で澄んでてきらきらしてるの。うふふん←ひたってます♪

ところで、オーラを見る能力?とか、Cheeksさんへのレスに書いてた
「バーバの教え」のタイトルを透視したらしい、そういう「見る力」
って、超能力でも何でもなく、だれでも持ってる普通の能力だなぁ、
と思う次第です。「空に浮かぶ虹が見えるってほんと?!!!」と
驚く人はあんまりいないでしょ。でも子どもの頃というか、見慣れていないときは
他の人があそこにあるって指差してるのを自分も一生懸命見たり
するよね。その時は「見えるはずがない」とかちっとも疑ってないよね。
あれと一緒なんじゃないかなぁ。
と、子供の頃から霊能力も超能力も発揮した事がないけど、
今は見えてる私はそう思うのです。

と、思ってたんだけど、やっぱりそうなんだなーって再確認する本を
今読んでます。
「光の手」/バーバラ・アン・ブレナン/三村寛子・加納眞士=訳

20年も前に書かれた本なんだけどね、今の「スピリチュアル」を扱ってる
本に書かれている人生哲学的な側面?を科学者の視点から解説してて、
まぁよーわからんわりに(素養がないから)わかりやすくて面白いです。
まだ最初のほうしか読んでないけど。
この著者が言うにはヒーラーになるにはどの分野のプロフェッショナルにも
共通するように、絶え間ない訓練と勉強が必要、先生について正しく指導
してもらいましょう、と書いてあるけど、自分自身を癒したりコントロール
する分には独学でいいなーと思う次第です。
そしてもっと楽しみながらやればいいんじゃないって思ったりして。
あくまで自分に対して使う場合だけど。
いや、この本のことを言っているんじゃなくって、
なんだか巷のヒーラー関係の本をパラパラ読んでみると、結局
「どこかの学校(著者の所)でお金を払って勉強したら誰でも必ず身に付きますよ」
というのが目に付いて。
何だかこういう台詞、語学関係でさんざん聞いてないかい?
と思ってねー。
独学できるところまでは自分でやって、高度な(他人とかかわる時とか)
段階に進みたい時にそこで、指導を仰ぐほうが自分の力として身につくのは
速いのではないかなーと思ったのであります。←誰に言ってるのか
まぁ、時間もお金もたっぷりあってなおかつ人や社会の役に立ちたいと願うなら
最初から学校に行くなり人任せにするなり(既に矛盾が・・・)
・・・いやいや、
私がとやかく言うことはないけど、なんだかそれは本末転倒ではないかと・・・

ところで、独学といっても私も特に気合を入れて訓練はしてないの。
当たり前だけど、赤ちゃんと子ども達のいる生活で自分だけの静かな時間って
1日の内でそうないもん。「邪魔の入らない時間に静かに瞑想」
・・・無理無理。
数回ほど10分〜15分ぐらい瞑想する時間を作れて、やってみたらすごく気持ち
いいってわかったんだけどねー。私の「覚醒」(産後から私にずっと起こって
いる不思議な出来事を総合して”覚醒”というらしい)はあくまで日常生活の
延長線上で起こるんだ、と理解していて、実際そうなの。
変わったことといえば「意識」が大きく変わったな。
「自分」とか「我」の定義も変わっちゃった。
そしてこの「意識」の違いって、単に3次元のニュートン力学の感覚の中で
生きているか、
4次元(たぶん私が行き来してるのは4次元よりもっと多い)の
アインシュタインの相対性理論の感覚の中で生きているかの違いなんだなー、
と。
この理論だか何とか学だか、も正しいのかよくわかってないんだけど(^^)>"
そういう視点で見たら、なーんだって思わない?
生物無生物にオーラが見えようが、時間と空間の認識が変わろうが、
何かを透視しようが、いろいろとわかろうが、
あぁ、3次元の空間を意識して生きてるのか、4次元以上を意識しているのか
それだけの違いなんだなーって今のところ思ってます。
それを「神秘的」と言う人もいれば、「霊的」と言う人もいれば
「超能力」という人もいれば、「気のせい」と言う人もいれば
「インチキ」と言う人もいて、どれも解釈の違いかな。
「インチキ」に「誰かを騙す」が入っていたら絶対ダメ!だけどね。
その他色々気付いたけど以下省略。
久しぶりに出てきて喋り倒して帰りまーす(^^)/

もうちょっと流れるね。
あ、そうそう、私の「覚醒」にはいつも「水」が関係してるんだけど、
「光の手」のバーバラさんは「風」に導かれているらしいよ。
いろいろあるのかしら。面白いねー。
ちょこっとだけなんだけど本の中で「インドラの網」の説明がしてあったの。
「インドラの網」とは一言も書いてないんだけどね。
お気に入りの概念が出てきたからえへへ(*^^*)だったの。

では〜。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.