Hello is anybody there? / ¿Hay alguien ahí? / Le petit frère tombé du ciel by Jostein Gaarder

[掲示板: 本のこと何でも -- 最新メッセージID: 3236 // 時刻: 2022/5/22(22:11)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3224. Hello is anybody there? / ¿Hay alguien ahí? / Le petit frère tombé du ciel by Jostein Gaarder

お名前: 柊
投稿日: 2018/7/18(03:21)

------------------------------

皆様、こんばんは、柊です。こんな時間に起きているのは、ゴルデルの作品を読んだ余韻でしょうか。それとも、変な時間に紅茶を飲んだのが悪かったのでしょうか。

タイトルですが、全て同じ作品です。英語、スペイン語、フランス語タイトルで、私はスペイン語を読んでからフランス語を読みました。

ゴルデル版「星の王子様」だそうです。星の王子様と言っても、五代目円楽ではない。まして、二代目星の王子様を名乗る王楽ではない。

Joakimが8歳で、弟か妹が生まれるのを待っていた日にそれは起きます。彼は弟だと決めていますが、生まれるってすごいことだな、その瞬間に地球にたどり着いた宇宙飛行士みたいに「おーい、誰かいるのかー?」(英語・スペイン語のタイトル)ってやって来て、その瞬間に地球全部をプレゼントされたようなものだ、と思っています。ゴルデルのせいか、8歳の子どもにしてはずいぶん凝ったことを考えています。

そこへ、Mikaという異星人がやって来ます。遠くから旅をしてきて、初めて生物のいる星に来たようで、「わっ、宇宙人だ!」とか「名前は?」とか聞いてきます。人型のはずなんだけれど、挿絵にはウサギさんが沢山描かれています。

Joakimは聞かれるまま、この星の生命の歴史、海の構造など、次々に答えます(彼は結構物知りです)。何かについて「これ何?」と聞かれた時「ああ、つまらない(どこにでもある、ありふれた)何々だよ」と答えたところ、「ありふれたものなんてどこにもないんだよ」と言われてしまいます。

私の大好きな京極夏彦の作品に出てくる拝み屋(!)の中禅寺の口癖に「この世に不思議なことなどないのだよ」というのがありますが、結局、Mikaも同じことを言っているような気がします。全部が特別で、全部が不思議じゃないのですね。

そのうちに、Mikaの正体についてとんでもないことがわかるのですが、それは読んでのお楽しみ。推理小説の要素もあって、Mikaがずっと言っているように、どちらかが夢を見ているようで、特別で不思議な夢のような話です。


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.