インドものQueen of Dreams by Chitra Divakaruni

[掲示板: 本のこと何でも -- 最新メッセージID: 3236 // 時刻: 2022/5/29(17:25)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3170. インドものQueen of Dreams by Chitra Divakaruni

お名前: 柊
投稿日: 2014/10/14(12:52)

------------------------------

Chitra DivakaruniというMistress of Spicesで有名になった作家のQueen of Dreams [url:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0349119414/ref=nosim/sss-22/ ] が面白かったので紹介します。

主人公Rakhiは離婚した一児の母。Rakhiと元夫Sonnyはアメリカに移住したインド人で、結構アメリカナイズされている。ただ、Sonnyはインド料理が好きで、Rakhiの母は彼のために時間をかけて料理するのが好きだった。Rahkiは絵描きで、SonnyはDJ。

Rakhiの母は夢占い師で、本当はその道の修行をインドで続ける予定だったが、夫になる人と出会って駆け落ちしてきてしまった。Rakhiには夢占い師の能力も経験もない。しかし、彼女の娘は同時多発テロの知らせを聞き「だから私言ったでしょ」と言う。

Rakhiはインド料理の店を友達とやっているが、スターバックスに負けつつある。インド料理の店では人は「常連の誰だかさん」だが、スターバックスでは客の1人という無名のその他大勢になれる。その辺りがどうやら人気の秘訣らしい。この辺の寓意がまだ、つかみきれない。

どこが本筋でどこが関係なくて、どこが寓話なのかよくわからない話。同時多発テロの際にRakhiたちを助けてくれた警官(らしき人)の辺りが唐突。どうやらテロ直後には純粋アメリカ人(って何だ?)以外の人たちが暴徒に襲われたようですね。Rahkiたちの店には、事情があって故郷を捨ててアメリカに来た人たちが集まり、多民族料理店になっていたので、ねらわれたらしい。

最初に物語の方向を暗示する引用が二つ、本文の前にあるのですが、片方が村上春樹で、その文章にも興味を持ちました。もう一つの引用はReetika Vaziraniで、「We say "America you are magnificent" and we mean we are heartbroken.」


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.