Re: ゲド戦記外伝と最終巻を読みました。

[掲示板: 本のこと何でも -- 最新メッセージID: 3236 // 時刻: 2022/5/28(15:59)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3153. Re: ゲド戦記外伝と最終巻を読みました。

お名前: Ry0tasan http://tadoten.blog122.fc2.com
投稿日: 2014/5/11(08:50)

------------------------------

"杏樹"さんは[url:kb:3147]で書きました:
〉「ゲド戦記」4巻をリベンジした後全くの未読の外伝「Tales from Earthsea」とと最終巻「The Other Wind」を読みました。外伝はアースシーのいろいろな時代のお話がいくつか入っていまして、最後のお話は最終巻につながるので、こちらを先に読んだ方がいいらしいので、外伝を先に読みました。

杏樹さん、
『ゲド戦記』完走
おめでとうございます。

みなさん、
ご無沙汰しています。
『ゲド戦記』全巻に関して私もディスカッションに参加させて下さい。

〉外伝はかなり難しくて読みにくかったです。理解度はかなり低いです。school of Rokeの由来とか、Ogionが地震を食い止めた話とか、興味深いネタがいろいろあるのですが。最後のDragonflyは最後が「はあ?」でした。

英語の文章が難しかったですか?
さまざまな時代の話で、
第1巻から第4巻のどの部分と関連するのか明示されていないので分かりにくいと私は感じました。
1から4まで読んだばかりの人の方が思い出し易いかもしれません。
私は何年も経っているので、
途中から始まって途中で終わっている印象です。

"Darkrose and Diamond" と "Dragonfly" は、
あの社会における女性の扱いに関して、
言いたいことがある様な印象を受けました。

〉そうしてやっと最終巻にはいりますと、こちらはずっと読みやすかったです。この違いは何なんでしょう。物語にはいっていけるかどうかの違いなのでしょうか。AlderがGontに来たところから、どんなお話が始まるのかワクワクできて、しかもそこに来た不思議な理由がどう解決するのかと思ったら、話がどんどん広がって行って。Tehanuからかなり年月が経っているのにビックリしましたけど。

これは長編としてまとまっていますね。
ただし、
難しくはないけれど、
児童書という雰囲気でもない気がしました。

〉こちらも最後の方は一体どういうことなのかわかりにくい所もありました。結局アースシーのシリーズってこういうものなのかと思いました。

そうですね。
最終巻は、
アースシーの物語というより、
現代社会の新しい問題について言いたいことがある様な印象を私は受けました。

〉特に4巻「Tehanu」と5巻「The Other Wind」はすっかり児童書ではなくなって、ある程度年をとってから読まないと、年を取った登場人物に感情移入して読めないんじゃないかと思います。
〉日本では最初の3冊が出たときに児童書の体裁で出版され、私もそれにだまされて児童書だと思って読もうとしたのですが、ずっと年月がたってから4巻が出て、さらに外伝と5巻が出た時、日本語版ではどういうスタンスで出版されたんでしょうね。

私は日本語版を通読していませんが、
ネット上のカタログを見ると、
岩波書店では児童文学の翻訳書による児童書としての路線を変えていない様ですが、
『外伝』という邦題はやめた様です。

〉他でもちょこっと書きましたが、辞書を時々引きながら読みました。持ち歩ける大きさの英英辞典がないので仕方なく英和辞典を本と一緒に持っていますが、たまにしか引かないのでほとんど「飾り」みたいなものです。英英辞典が使える時は英語で「そういうことか」とわかるのがおもしろくてけっこう引きます。
〉それで感じることは、辞書を引いても立ち止まるとか、面倒とか全然思わないのです。辞書を引いても引かなくても読速に全然影響があるように感じないのです。スムーズにわかることもあればそうでもないこともあり、それでも別に気にしないでそのままどんどん読んでいくだけ。これこそが「辞書なんかどうでもいい」境地の一種かもしれないと思いました。

辞書を引いて丁寧に読む intensive reading
辞書を引かずにどんどん読む extensive reading
読者の判断で色々な読み方を組み合わせる authentic reading
色々ありますが、
杏樹さんは自然に authentic reading を実践していた様です。

私は 'LDOCE' と 'COBUILD Advanced' を iPhone に入れてあります。
Tiny さんが紹介している様に、
ポケット判で魅力的な英英辞典もありますね。

児童書として扱うか、
大人むけのファンタジーとして扱うかに関して、
思い出したことを少し書いておきます。

かつて
Penguin Books の児童書部門である Puffin Books から、
このシリーズの1から3まで出版されたんですが、
第4巻が出たときに、
1から4までを合わせた大型本が出版されました。
'The Earthsea Quartet' という題名で、
表紙も従来のを小さく印刷してあり、
児童書のシリーズ総集編という趣でした。
それでも本自体が分厚く、
字も細かいので、
大人向けの長編を読める人しか手を出さなかったでしょう。

今後は新しい読者のためのガイドブック等の登場を期待したいところです。

それでは
Happy reading!


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.