Gone Girl:こんなにすごいサイコスリラー(ホラー)は初めて

[掲示板: 本のこと何でも -- 最新メッセージID: 3236 // 時刻: 2022/5/29(18:25)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

3138. Gone Girl:こんなにすごいサイコスリラー(ホラー)は初めて

お名前: wkempff
投稿日: 2014/1/16(23:33)

------------------------------

書評システムに、あらすじなどを投稿させていただきましたが、あまりに凄い本だったので、こちらでも紹介させていただきます。

新進気鋭の女流作家、Gillian Flynnの第三作です。例の、Stephan Kingの、11/22/63と競合したため、大きな賞は取り逃がしているようですが。

間違いなく、私が読んだ本の中で、もっとも怖い本です。
何回か悪夢を観ましたし、物理的に吐き気を覚えた部分もあります。

かなり恵まれた夫婦が、互いに嘘を重ねて壊れていきます。しかし、サイコパス、ソシオパスの妻の怖さといったら。。。。

二重三重に捩れたストーリー展開で、次が全く予測できず、先を急いで読みたくなり、読むと鳥肌が立ってきます。

一度、このサイコパスは、抜けた一面を見せて、ちょっと読者を安心させるんですね。その後、再び、恐怖が襲ってきて、蟻地獄にはまったような感覚にとらえられます。

あらすじは、重複を避けますので、どうか、私の投稿した、書評のほうをご覧ください。

英語のレベルは、多少高いように思います。特に、ビジネス英語からはいった私のようなものには苦手な、生活用語や、心理的駆け引きのような用語がたくさん出てきます。
前半は比較的丹念に辞書を引き(200語くらい)、後半は、辞書を引く暇が惜しくなって、ずいぶんと頻度を減らしました。

ジャンル別洋書おすすめ500、でお世話になっている、渡辺由佳里さんも、下記のように絶賛しています。

{。Gone Girlは、後味は悪いものの、歴史に残る稀な傑作である。}

エンディングを含め、後味の悪さも保障しますが、これ異常怖いエンディングは無い、と思います。


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.