映画「リトル・ダンサー」を洋書で読む

[掲示板: 本のこと何でも -- 最新メッセージID: 3229 // 時刻: 2019/8/24(04:59)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1860. 映画「リトル・ダンサー」を洋書で読む

お名前: 雫 http://www.geocities.jp/dropshappydays/
投稿日: 2006/9/16(16:53)

------------------------------

全世界のタドキストの皆様、こんにちは。
雫@550万語です。

映画「リトル・ダンサー」をご存知でしょうか。
私はこの映画がとても大好きで何度も見ています。何度見ても飽き
ないですし、泣いたり笑ったり必ず最後のシーンは鳥肌を立てます。

80年代のイングランド北東部の炭鉱町で暮らす母親を亡くした11歳の
少年Billyは炭鉱で働く父の命令でボクシングを習っている。ある日、
練習場の隣で開かれたバレエ教室にBillyは参加し、バレエの日々が
始まる。しかし、父親には内緒にしている・・・。

というあらすじで小説化されたのが"Billy Elliot"です。
「子供向き」ではない大人も楽しめる映画の原作は難しいものや語数
が多いものが殆どだと思います。原作ではありませんが、脚本を柱に
小説家されたもので映画に忠実です。さらに映画にないシーンや語り
手を主人公以外にも登場させ、人々の心情の奥をさらに描いています。

映画は家族で、友人で、一人で、とにかく誰とでも見れる年齢制限の
無いお話です。すでに映画を見みている方は良かったら本も読んでみ
て下さい。映画も知らない方はどちらも楽しんで下さい。
イングランド北部ということで、映画も本も方言があるので「あれ?」
という部分がありますが、慣れれば気になることはないと思います。

私が見た映画の原作の中ではAmerican GirlsのSamanthaのお話が一番
やさしいです。"Billy Elliot"は同じぐらいのレベルです。
ちなみにAmerican GirlsのSamantha、Molly、FelicityのDVDが発売さ
れていますが日本では未発売のようです。
Samanthaはスターチャンネルで見てから原作の6冊を読みましたが、
どちらも面白かったです。
本で読んで映画は日本語字幕無しで見るなどの工夫もしやすいです。
「あ、このセリフ読んだ」「あの文章はこんなふうに言ってるな」と
面白さが増します。

話がそれましたが・・・

これからも映画の原作を発掘しようと思っています。
"Rocket Boys"もよろしくです!←普及委員会会員だもので。

では皆様、Happy Reading(*´∇`*)


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.