SSS多読通信 第387号 (2015/9/24)

[掲示板: SSS News -- 最新メッセージID: 1683 // 時刻: 2017/9/20(23:46)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1617. SSS多読通信 第387号 (2015/9/24)

お名前: みぃみぃ http://nekoshand.air-nifty.com/tadokisutomimi/
投稿日: 2015/9/26(11:22)

------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        SSS多読通信 第388号 (2015/9/24)

        〜読める本、読みたい本をお気楽に〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】100万語通過報告 (9/7-9/20)
【2】今号のお薦め本  「秋の夜長に・・・」      (みぃみぃ)
【3】SSSコラム「クラウドコンピューティング」     (まりあ)
【4】SSSニュース              (SSS英語多読研究会)
【5】編集後記                     編集:みぃみぃ

───────────────────────────────────
【1】100万語通過報告 (9/7-9/20)
───────────────────────────────────
この期間の100万語通過報告は1名でした。
……………………………………………………………………………………………
■100万語達成しました                   Tomoさん
───────────────────────────────────
 今年の2月に始めて、約半年で100万語に到達されたTomoさん。
 100万語通過本はSacharのSomeday Angelineで、当面の目標本はHolesとの
こと。皆さんのコメントもあったかい。
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-million&c=e&id=7924]
───────────────────────────────────
【2】今号のお薦め本  「秋の夜長に・・・」       (みぃみぃ)
───────────────────────────────────
 多読も10年続けているといろいろな本が読めるようになってきます。
 始めたばかりの頃はどれもこれもレベルが高く感じて壁だらけな感じがして
いたと思うのですが今はある程度読みたい本が読めるようになっている気が
します。気のせいかもしれませんが。
 今回は、最近私が読んで面白かった本を紹介します。
───────────────────────────────────
■ Goth Girl and the Fete Worse Than Death    YL3.5    20,000語
───────────────────────────────────
 Chris RiddellのGoth Girlシリーズ第2巻です。第3巻が発売間近です。
 Chris Riddellはイラストレーターとしてとても有名ですが、自身で絵本や
児童書も多く出版しています。Goth Girlシリーズはその中のひとつです。

 Adaが暮らすお城で開かれる、Ghastly-Gorm Garden Partyまであと少し。
準備が着々と進んでいます。 でも、どうもIndoor GamekeeperのMaltraversの
様子がおかしいのです。いったい何を隠しているのか。
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000024181]
───────────────────────────────────
■ Mr. Mercedes                  YL7.0    129,300語
───────────────────────────────────
 ホラーで有名なStephen King氏の本格ミステリ小説ということで、ミステリ
好きの私としては手を出さずにいられませんでした。
 警察を定年退職したHodgesシリーズ3部作の1作目です。2作目もすでに入手
しているのですが、まだ読み始めていません。

 警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で
鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職して
いたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが
突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性
はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。
 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000024182]
───────────────────────────────────
■ Theodore Boone: The Fugitive          YL5.5    48,000語
───────────────────────────────────
 John Grishamと言えば、「評決のとき」や「ペリカン文書」など映画化され
た作品もたくさんある小説家です。
 Theodore Booneもヤングアダルト小説として出版されていますが、法廷もの
として本格的な作品です。The Fugitiveはシリーズ5作目です。

 地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら姿を消した
Duffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物
の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと
確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけ
てくれます。TheoはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000024183]
───────────────────────────────────
■ Child 44                   YL7.5    133,000語
───────────────────────────────────
 同じタイトルで今年映画が公開されました。実話を元に書かれているという
ことですが、実際の事件の被害者は子どもばかりではなかったようです。
 小説では被害者がすべて子どもという設定なのでタイトルがChild 44です。

 舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件が
っかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件
に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000024184]
───────────────────────────────────
【3】SSSコラム 「クラウドコンピューティング」       (まりあ)
───────────────────────────────────
 最近クラウドコンピューティングが世の趨勢らしく、個人のパソコンやタブ
レット、スマホのデータなども外部サーバーに置けるように、One Driveやら
Google Note、iCloudなど、たくさんのアプリがプレインストールされてきま
すね。確かに個人情報の入ったノートPCを持ち出して帰宅途中に置き忘れた、
といった不祥事を聞く度に、データが集中管理されて個人のマシンに残らない
方が問題が起きにくいようでもありますが、企業データの全てが外部サーバー
に預けられているのって怖いように感じます。
 ホストサーバーがテロにでもあってデータが全部破壊されたりしたらどうな
るのかなぁ?とか思います。バックアップがあるし、個人のPCがクラッシュす
る確率を考えるとクラウドの方が安全だそうですが、感覚的に同意し難いのは
頭が古くなっているのかしら?
 で、クラウドコンピューティングを導入すると企業毎にIT管理部門を置いて
メンテナンスせずに済む、というのもウリなわけですが、誰がこの一括管理を
引き受けるのか?というとインドに安くて優秀とされる技術集団がたくさん出
現しているらしく、アメリカや日本でも外資企業だと「PCに不都合が起きたら
スカイプでインドのIT統括部と話してね」なんていうところがいくらもあると
か..多少英語が話せるようになったつもりでもインド人とオンラインで話す
のは恐怖です。やっぱりクラウドって怖いわ..
 何がいいたいかというと、あいも変わらず「ネイティブのなんちゃら」とか
のタイトルが溢れかえる英語学習本やら英語教室の世界と、実務世界の英語と
の乖離がひどくなるばかりじゃないの?ということで.. 
───────────────────────────────────
【4】 SSSニュース             (SSS英語多読研究会)
─────────────────────────────────── 
■ 多読関連講演会・セミナー
───────────────────────────────────
■初心者向け講演
「ゼロからでも大丈夫 英語多読への招待と、多読的英語学習法の紹介」
日時:2015年9月26日(土)11:00〜12:00 (10:30 開場)
主催:SEGブッククラブ SSS英語多読研究会
場所:SEG 多読教室 ※教室は当日掲示にてご確認ください。

SSSの多読とは、ごくごく易しい絵本などから読み始め、英文をたくさん読む
ことにより、日本語を介さないで英語のまま理解できるようにする、新しい
英語の学習方法です。この講演ではこれから英語多読を始めようと思われて
いる方、はじめたばかりの方を対象に、多読の効果と魅力をお伝えします。
また、多読と並行して英語学習をする際に、同じように多読的にアプローチ
するためのヒントもお伝えします。なお、講演後もご希望があれば、食事を
しながらでも、できるだけご質問にお答えしたいと思います。

講師:繁村一義
定員:20人 
料金:無料
申込:前日までに workshopあっとseg.co.jpへ
件名を「9/26多読講演会参加申込」として、氏名と当日特に聞きたい内容(質問)
を記入の上、Eメールにてお申込ください。(質問は必須ではありません。)
[url:https://www.seg.co.jp/sss/seminar/index.html]
───────────────────────────────────
■ 朝日小学生新聞 今月は"My Day" (Cengage Learning)
───────────────────────────────────
今月の朝日小学生新聞 C'mon Tadokidsでは、Cengage Learningの
Our World シリーズから、"My Day"を紹介しています。
子どもたちが日常生活で行なうシャワー、朝ごはん、遊び、夕食、歯磨きなど、
動物たちは代わりに何をしているのかをユーモラスな写真と文章で紹介してい
ます。英文、写真、音声は、下記から
[url:https://asagaku.com/tado_kids/tado_index.html]
───────────────────────────────────
【5】編集後記                    (みぃみぃ)
───────────────────────────────────
 あの猛暑が突然どこかに行ってしまった・・・。今年は夏が突然終わって
急に秋がやってきたという印象です。私の住んでいる信州は普段は四季の移り
変わりがゆるやかに楽しめるのですが、今年の夏は唐突に終わりましたね。
 今回は私が個人的に読んで面白かった本を紹介しました。
 ちなみに今読んでいるのは、映画「ぼくのエリ200歳の少女」の原作
"Let the right one in"です。小説の邦題は「モールス」です。
───────────────────────────────────

          多読通信、次号もお楽しみに!
        今 週 も H a p p y R e a d i n g !

───────────────────────────────────
多読通信に関するみなさまのご意見・感想などをお待ちしております。
・掲示板への投稿
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-event&c=e&id=2108]
・多読通信アンケートフォーム
[url:http://www.seg.co.jp/sss/information/formmail.html]
※アンケートフォームでいただいた質問に対するお返事を掲示板上で行う
場合があります。ご了承ください。
───────────────────────────────────
※このメールマガジンは『まぐまぐ!』 [url:http://www.mag2.com/] を利用して
発行しています。配信申込・中止・アドレス変更はこちらへ
[url:http://www.mag2.com/m/0000118505.html]
───────────────────────────────────
発行:SSS英語多読研究会( [url:http://www.seg.co.jp/sss/]
───────────────────────────────────


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1618. Re: SSS多読通信 第387号 (2015/9/24) (発行部数 8,425部)

お名前: みぃみぃ http://nekoshand.air-nifty.com/tadokisutomimi/
投稿日: 2015/9/26(11:25)

------------------------------

●マガジンタイトル
SSS多読通信
●件名
SSS多読通信第388号(2015/9/24)
●発行部数
8,425部


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.