SSS多読通信 第386号 (2015/8/27)

[掲示板: SSS News -- 最新メッセージID: 1688 // 時刻: 2017/11/20(15:02)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1612. SSS多読通信 第386号 (2015/8/27)

お名前: 古川@SSS http://www.seg.co.jp/sss/
投稿日: 2015/8/26(09:52)

------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       SSS多読通信 第386号 (2015/8/27)

       〜読める本、読みたい本をお気楽に〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】100万語通過報告 (8/10〜8/23)
【2】今週のお薦め本特集  「文学賞候補作品を読んでみよう」 (かのん)
【3】SSSコラム    「オススメの児童書・YA書」    (古川)
【4】SSSニュース             (SSS英語多読研究会)
【5】編集後記
                           編集:かのん
───────────────────────────────────
【 1 】 100万語通過報告 (8/11〜8/24)
───────────────────────────────────
この期間の100万語通過報告はありませんでした。次号をお楽しみに。

───────────────────────────────────
【 2 】 今号のお薦め本 「文学賞候補作品を読んでみよう」 (かのん)
───────────────────────────────────
 今年は芥川賞受賞作品の1つ、又吉直樹さんの「火花」がずいぶん話題になっ
ていますね。
 英語の世界でも文学賞はいろいろあります。アメリカの児童図書館協会が選
定する絵本の賞・コールデコット賞、イギリスで出版された児童書に与えられ
るカーネギー賞、2年に1度選定される国際児童文学賞の「国際アンデルセン賞」
など。国際アンデルセン賞は作家の業績に対する賞で、2014年は日本の上橋菜
穂子さんが受賞されています。
 そんな文学賞ですが、まず受賞候補が発表され、その数ヵ月後に受賞作品が
発表されるのが主流です。今年はどんな作品が受賞候補なのかな?と調べてみ
て、気になる作品を読んでみるのも楽しいかもしれません。
 ということで、今回はわたしが読んだ近年の文学賞候補作品をいくつかご紹
介します。

……………………………………………………………………………………………
■Bo at Ballard Creek           YL5.0 44,401語
                    by Kirkpatrick Hill
……………………………………………………………………………………………
 Bo は5歳、血のつながらない2人の父さんと暮らしています。父さんたちは
1897年のゴールドラッシュにアラスカにやってきました。スウェーデン人の
Arvid は仕立て屋、アメリカ南部出身の黒人 Jack は鉱夫のためのコックです。
Bo も父さんたちを手伝って、スコーンの作り方を習ったり、近くに着陸する
飛行機を町のみんなと見に行ったり。アラスカの厳しい自然にかこまれた小さ
な鉱山町でくりひろげられる1年を Bo の視点で描いた作品です。
 著者である Kirkpatrick Hill はアラスカ在住、アラスカを舞台にした作品
を発表し続けています。
 2014年スコット・オデール賞受賞
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000024161]

……………………………………………………………………………………………
■Close Your Pretty Eyes          YL5.0 語 35,000語
                    by Sally Nicholls
……………………………………………………………………………………………
 11歳のOliviaは5歳で実母と別れ、児童養護の保護下で育ちました。いままで
15箇所のhomeを経験し、これから16箇所めの新しいフォスターファミリーとの
生活がはじまります。新しい家は田舎の古いコテージ、養父とその子供たち、
Olivia以外の養い子が2人と大家族です。おまけにこの古い家にはなにやら秘
密があるようで…。
 2015年カーネギー賞ノミネート
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000024162]

……………………………………………………………………………………………
■Moribito: Guardian of the Spirit      YL5.5 57,120語
                    by Nahoko Uehashi
……………………………………………………………………………………………
 短槍使いの女用心棒 Balsa は新ヨゴ皇国の皇子 Chagum が川に落ちたところ
へ通りかかり、助けます。それがきっかけで宮殿に招かれた Balsa は Chagum
の母から「 Chagum を連れて逃げてほしい」と頼まれます。どうやら Chagum
は父 Mikado が放った刺客に命を狙われているとの話なのです。ところが幼い
Chagum をつけ狙うのはそれだけにとどまらず…。
 アジアン・ファンタジーといわれる上橋菜穂子著『精霊の守り人』の英訳版
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000016084]

……………………………………………………………………………………………
■The Bunker Diary             YL6.0 54,041語
                    by Kevin Brooks
……………………………………………………………………………………………
 16歳の Linus はある日誘拐され、謎の地下シェルター(bunker)で監禁さ
れる。最初の数日間は、金目的の誘拐で父が身代金を支払えば開放されると
楽観していた Linus だが、数日たっても解放どころか窓もドアもないコンク
リートの部屋で孤独な時間がすぎる。食事は定期的に運ばれてくるが、常にカ
メラで監視され、監視をのがれようとすれば通気孔から催眠ガスが噴射される。
はたして Linus はぶじ脱出できるのか?犯人の目的は? Linusの日記形式で
つづられる、賛否両論のホラー作品。
 2014年カーネギー賞受賞
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000024163]
……………………………………………………………………………………………
■Ghost Hawk               YL6.0 66,528語
                    by Susan Cooper
……………………………………………………………………………………………
 11歳の冬、Native American の Little Hawk は父さんに連れられて村から
離れた見知らぬ森にやってきた。ここでひと月、ひとりで生き抜いて村に帰れ
ば、一人前の大人として認められるのだ。家族との再会を喜ぶはずの Little
Hawk の帰郷は予想外の展開へ。やがて村の周囲には白人たちが入植しはじめて…。
 『コーン・ウォールの聖杯』や『古城の幽霊ボガート』など、イギリスの伝
承をもとにしたファンタジーを手がけてきたスーザン・クーパーが描く、アメ
リカ東部開拓時代のお話です。
 2014年カーネギー賞ノミネート
[url:http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000024164]

───────────────────────────────────
【3】SSSコラム   オススメの児童書・YA書   (古川)
───────────────────────────────────
英語でも児童書・ヤングアダルト書は、多数出版されていますが、日本の中高
生にも人気のある本となると限られてしまいます。今回は、SEGの多読教室で
高校生に人気の高い本を紹介したいと思います。児童書・ヤングアダルト書は
高いYLがついていることが多いですが、実際には、CER4,OBW4,PGR4などが読める
生徒なら、内容の面白さに惹かれて読みきれてしまう場合が多いです。

■Katie and the Cupcake Cure by Coco Simon YL4.0-4.5 24,831語
Cupcake Diariesシリーズとして、現在25巻でている第1巻です。Emma,
Alexis, Katie, Mia の4人の女子中学生が主人公の学園ドラマシリーズで、
平易は英語で書かれているので、2万語超ですが、一気に読むことができます。
この巻では、中学に進学して幼なじみの親友が他の子と仲良くなり悩むKatie
が、新しい友達を得て癒やされていく様子がリアルに描かれています。
http://www.amazon.co.jp/dp/1442496991/sss-22/
なお、2015/08/25現在、アマゾンでは、kindle版しか入手できませんが、
紀伊國屋Bookwebでは、普通にpaperback版が購入可能です。
[url:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-02-9781442422759]

■Boys Don't Cry by Malorie Blackman YL6.0-6.5 75,000語
Boys don't cry, but men do. の前半が題名になっています。ジャーナリスト
を目指し、高校時代、しっかり勉強したDaneは、無事試験で良い成績を取り、
良い大学に進学する権利を得ます。しかし、1年前、ちょっと付き合った同級生
の女の子が赤ちゃんを連れて訪ねてきて、「あなたの子よ。ほんの1時間で
いいから預かって」と赤ん坊をおいていきます。しかし、戻って来ません。
途方に暮れるDanteでしたが、父親、弟とともに、赤ん坊を育てていくうちに
赤ん坊への愛情が育っていくという物語です。
著者の Malorie Blackmanさんは、Pearson English Readers Level 3,4
(旧称 Penguin Readers)にも収録されている、Noughts and Cross シリーズの
著者として有名なイギリスの女性作家です。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/0552548626/sss-22/]

■The Truth About Alice by Jennifer Mathieu YL6.0-6.5 49,146語
田舎町では、みんな幼なじみ。そんな町の高校生Aliceは、小さな友達との
トラブルがきっかけで、同級生の標的となり、同級生全員からイジメの対象
となってしまった。その中でただ一人、Aliceに密かな好意をもっていた、
理系オタク男子Kurtだけが、Aliceに救いの手を差しのべる。
破茶滅茶なYoung Adult小説ですが、いじめる側といじめられる側の心理描写
が卓越で、一気に読めます。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1250063027/SSS-22/]

■Every Day by David Levithan YL6.5-7.5 74,593語
毎日、同世代の違う人間に憑依する不思議な少年と、ある女の子との恋物語
を描きます。とても奇異な状況設定なのに、妙にリアリティがあり、また、
いろんな人に憑依するので、アメリカの現代の子どもたちの家庭事情が垣間
見れるYoung Adult小説です。この2-3年、SEGの高2、高3の多読クラスで、
男女を問わず一番人気のある作品です。

(古川昭夫・SEG多読教室主宰 [url:http://www.seg.co.jp/tadoku/]

───────────────────────────────────
【 4 】SSSニュース            (SSS英語多読研究会)
───────────────────────────────────
■ 多読関連講演会・セミナー
───────────────────────────────────
講演会:「図書館で英語多読を楽しもう」

場所:田原文化会館201・202会議室
日時:9月6日(日) 14:00-15:30
主催:愛知県田原市中央図書館
講師:西澤 一(豊田高専)
内容:田原市中央図書館の英語多読コーナーを使って、楽しみながら英語を
   身につけませんか? 
   講演終了後、講師による読書相談も実施します(希望者のみ)。
定員:50名(先着順・無料)
申込:8月4日(火) 午前10時より電話にて受付
   TEL 0531-23-4946
[url:http://www.city.tahara.aichi.jp/section/library/info/tadoku2015.html]
───────────────────────────────────
■ 多読関連記事:朝日小学生新聞 今月は"Out!" (Oxford大学出版局)
───────────────────────────────────
今月の朝日小学生新聞 C'mon Tadokidsでは、Oxford大学出版局
の Oxford Reading Tree シリーズから、"Out!"を紹介しています。
音声と英文は、下記から
[url:https://asagaku.com/tado_kids/tado_index.html]
───────────────────────────────────
【 5 】 編集後記               (かのん)
───────────────────────────────────
 最近、落語にハマっています。落語といえばTV、DVD、YouTubeなどの動
画かライブで楽しむことが多いと思うのですが、わたしは文庫本で楽しんでいま
す。すきま時間で楽しめるのが文庫本の長所。でも面白すぎて電車を乗り過ごす
ことが頻発。そんな現実のハプニングも「そんなあほなことがあるかいな」と
笑って流せるところが落語ワールドのおもしろさかもしれません。
 もうすぐ9月。スポーツの秋・食欲の秋・読書の秋。みなさんにもいい秋が
訪れますように。
……………………………………………………………………………………………

    多読通信、次号もお楽しみに! 【第2、第4木曜日発行】

       〜読める本、読みたい本をお気楽に〜

       今 週 も H a p p y R e a d i n g !

───────────────────────────────────
多読通信に関するみなさまのご意見・感想などをお待ちしております。
・掲示板への投稿
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-event&c=e&id=2108]
・多読通信アンケートフォーム
[url:http://www.seg.co.jp/sss/information/formmail.html]
※アンケートフォームでいただいた質問に対するお返事を掲示板上で行う
場合があります。ご了承ください。
───────────────────────────────────
多読通信の過去記事&マガジン内検索
[url:http://blog.mag2.com/m/log/0000118505]
───────────────────────────────────
※このメールマガジンは『まぐまぐ!』 [url:http://www.mag2.com/]
利用して発行しています。
配信申込・中止・アドレス変更はこちらへ
[url:http://www.mag2.com/m/0000118505.html
───────────────────────────────────
発行:SSS英語多読研究会([url:http://www.seg.co.jp/sss/]

───────────────────────────────────


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1613. Re: SSS多読通信 第386号 (2015/8/27)発行データ(発行部数8,416部)

お名前: かのん http://kanon021230.cocolog-nifty.com/
投稿日: 2015/8/29(10:08)

------------------------------

●マガジンタイトル
SSS多読通信
●件名
SSS多読通信第385号(2015/08/27)
●発行部数
8,416部


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.