SSS多読通信第397号 (2016/5/12)

[掲示板: SSS News -- 最新メッセージID: 1688 // 時刻: 2017/11/20(06:33)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1640. SSS多読通信第397号 (2016/5/12)

お名前: リリー・ローズ
投稿日: 2016/5/12(15:03)

------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        SSS多読通信 第397号 (2016/5/12)

        ~読める本、読みたい本をお気楽に~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】100万語通過報告 (4/11-5/10)
【2】今号のお薦め本 「〇〇ロスの気分転換に」   (リリー・ローズ)
【3】SSSコラム                     (トオル)
【4】SSSニュース              (SSS英語多読研究会)
【5】編集後記                  編集:リリー・ローズ

───────────────────────────────────
【1】100万語通過報告 (4/11-5/10)
───────────────────────────────────
この期間の100万語通過報告はありませんでした。
───────────────────────────────────
【2】今号のお薦め本 「〇〇ロスの気分転換に」  (リリー・ローズ)
───────────────────────────────────
長いペーパーバックを夢中になって読み終えたあとぽっかりと○○ロスに
なることはありませんか? そんな時に今回ご紹介する本は良い気分転換に
なると思います。
……………………………………………………………………………………………
■ Enjoy Simple English Readers(NHK CD Book) YL1.5~2.5  9000語
……………………………………………………………………………………………
NHKラジオ「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」は、2014年
4月に開講し、現在も続くラジオ番組です。1日5分、短編、偉人伝、
日本の昔話などを平日毎日聴けます。それらをジャンル別にまとめた多読・
多聴本が、CD、イラスト、巻末ワードリスト付きで出版されています。
ラジオドラマなので音源がすばらしく、一話5分で耳にも頭にもとても
優しい本です。NHKネットラジオらじる★らじるでいつでも聴けます。
ほかのジャンルもオススメです。今回は易しめレベルから昔話と短編を
ご紹介します。ラジオ番組についてはこちら
[url:https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/enjoy/]

★Japanese Folklore、Japanese Folklore II
日本の昔話を実にコンパクトにまとめていて、しかもたっぷり
入っています。お馴染みの「笠地蔵」「のっぺらぼう」など懐かしく
感じるものや、初めて知るような昔話まで楽しいラインナップです。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/4142131680/sss-22]
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/4142131842/sss-22]

★Short Stories、Short Stories II
運動会で張り切りすぎるお父さんや、ラーメン好きな彼氏に
振り回される彼女、疎遠だった父娘の心の交流など、男女・年齢を
問わず様々な人たちの日常の断章を味わえます。クスッと笑ったり、
ほろっとしたり、一話500語程度で、よくまとめているなあとびっくり
します。登場人物が日本人で舞台も日本であることが、気分転換本に
向いていると思います。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/4142131664/sss-22]
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/4142131826/sss-22]

……………………………………………………………………………………………
■ It Might be an Apple   YL1.0~2.0  673語
■ Can I Build Another Me? YL1.0~2.0 1310語
……………………………………………………………………………………………
2冊ともヨシタケシンスケ作「発想絵本」シリーズの第1弾と第2弾、
日本語絵本の英訳本です。デザイナー・造形作家である作者の初の絵本です。
第3弾「このあとどうしちゃおう」の英訳絵本も密かに心待ちにしている
ところです。

★It Might be an Apple「りんごかもしれない」
この絵本のキャッチコピーは「考えることははてしなくたのしめる!」
学校から帰宅したぼくはテーブルの上のりんごを食べようとします。でも
果たしてこれは本当にりんごだろうか?もしかして、りんごの形をした精密な
機械ではないか? いやいやなにかの卵ではないか?思考はとどまることを
知らず飛躍し続け、その過程がイラストに詳細に描き込まれて見飽きません。
たったひとつのりんごからこんなに豊かに楽しい発想ができるなんて!
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/0500650489/sss-22]

★Can I Build Another Me?「ぼくのニセモノをつくるには」
 こちらのキャッチコピーは「自分を知るって面倒だけどおもしろい!」
宿題、片付け、お手伝いなどやりたくないことをやってくれる自分の
クローンが欲しいとロボットを買います。
ロボットは「君のこと全部知らないと」と、ぼくについて次々と尋ねます。
ぼくって一体なに?ぼくは何でできてる?どんな人?と考え始め、自分を
分析していく過程が、こちらの本もさすがデザイナーというイラストに
詳細に描かれます。思わず自分を見つめて深~く哲学しちゃう本です。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/0500650780/sss-22]

……………………………………………………………………………………………
■ Whatever   YL0.3  116語
……………………………………………………………………………………………
最後に眠気も吹っ飛ぶ衝撃の結末本はいかがですか?
アーティストでデザイナーのWilliam Bee作Whatever、邦訳「だから?」。
ビリーはお父さんがどんなにおもしろいオモチャを持ってきても、素敵な
体験をさせてあげても、不機嫌な顔で’whatever’「だからなに?」と言うだけ。
ラストにお父さんがビリーに見せたものは?ビリーは一体どうなるのでしょう?
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/0763628867/sss-22]

すっかり気分転換できて、新たなペーパーバックをきっと読みたくなる
はず…です。
───────────────────────────────────
【3】SSSコラム「コミュニケーションが難しいと感じるとき」(トオル)
───────────────────────────────────
 こんにちはトオルです。4月の人事異動で2部署を兼務することになり、
1か月くらい毎日、新しいメンバーと仕事の方向性を議論しています。その中
でコミュニケーションが難しいと感じるときがあったので紹介します。
 一番、話が上手くまとまらないのは価値観が違い、かつ、ロジカルな議論に
慣れていない人と話をするときだと気付きました。価値観が違ってもロジカル
に議論することができれば、合意できていること、できていないことを整理
してコミュニケーションを継続することができます。議論するプロセスを決め
ておけば、時間はかかりますが、お互いの価値観を認め合いながら、一緒に
やることを合意することができます。
価値観が合っていれば、話す言葉が英語でも日本語でもコミュニケーションで
困ることはありません。
今後2,3か月は何回かコミュニケーションが難しいと感じてへこむかもしれ
ませんが、諦めずにコミュニケーションを継続していきたいと思ってます。
───────────────────────────────────
【4】SSSニュース             (SSS英語多読研究会)
───────────────────────────────────
■ 多読関連講演会・セミナー
───────────────────────────────────
7/30(土)-311(日) 徳山 日本多読学会 年会 
 (プログラム詳細は、6月上旬に発表予定)
───────────────────────────────────
■ 多読関連記事
───────────────────────────────────
毎日Weeklyに、SEGの多読教室の授業の様子が紹介されました。
内容は、[url:http://www.seg.co.jp/tadoku/class-observation.htm]
から読むことができます。
───────────────────────────────────
【5】編集後記                    (リリー・ローズ)
───────────────────────────────────
先日新聞を広げて「あっ!ハリエット・タブマンだ!」と写真を見てすぐ名前が
浮かびました。多読をしていなければそんなことなかっただろうなあと思わず
嬉しくなりました。
米国の20ドル札紙幣の肖像画に元奴隷で奴隷解放運動家のH.タブマンが起用
されるという記事でした。120年ぶりの女性起用、しかもアフリカ系米国人が
紙幣の表を飾るのは初めてのことだそうです。2020年に新紙幣が発行されたら
ぜひゲットしたいです。ハリエット・タブマンについての本を再読しなくちゃ!
★Harriet Tubman (RKR伝記) YL 0.8 428語
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/0531247031/sss-22]
★Harriet Tubman and the Freedom Train (RTR3) YL 1.4-1.8 960語
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/0689854803/sss-22]
★Great Black Heroes: Five Bold Freedom Fighters (SCR4) YL 2.5 3662語
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/059048026X/sss-22]
★Who Was Harriet Tubman? (Who Was~?) YL2.5-3.5 8883語
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/044842889X/sss-22]
───────────────────────────────────

          多読通信、次号もお楽しみに!
        今 週 も H a p p y R e a d i n g !

───────────────────────────────────
多読通信に関するみなさまのご意見・感想などをお待ちしております。
・掲示板への投稿
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-event&c=e&id=2108]
・多読通信アンケートフォーム
[url:http://www.seg.co.jp/sss/information/formmail.html]
※アンケートフォームでいただいた質問に対するお返事を掲示板上で行う
場合があります。ご了承ください。
───────────────────────────────────
※このメールマガジンは『まぐまぐ!』 [url:http://www.mag2.com/] を利用して
発行しています。配信申込・中止・アドレス変更はこちらへ
[url:http://www.mag2.com/m/0000118505.html]
───────────────────────────────────
発行:SSS英語多読研究会( [url:http://www.seg.co.jp/sss/]
───────────────────────────────────

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎SSS多読通信
のバックナンバー・配信停止はこちら
[url:http://archive.mag2.com/0000118505/index.html]


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.