SSS多読通信第390号(2015/10/22)

[掲示板: SSS News -- 最新メッセージID: 1683 // 時刻: 2017/9/20(23:34)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1621. SSS多読通信第390号(2015/10/22)

お名前: リリー・ローズ
投稿日: 2015/10/22(13:45)

------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        SSS多読通信 第390号 (2015/10/22)

        〜読める本、読みたい本をお気楽に〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】100万語通過報告 (10/5-10/20)
【2】今号のお薦め本  「reluctant reader向けの本」 (リリー・ローズ)
【3】SSSコラム                      (古川)
【4】SSSニュース             (SSS英語多読研究会)
【5】編集後記                  編集:リリー・ローズ

───────────────────────────────────
【1】100万語通過報告 (10/5-10/20)
───────────────────────────────────
この期間の100万語通過報告はありませんでした。
───────────────────────────────────
【2】今号のお薦め本 「reluctant reader向けの本」  (リリー・ローズ)
───────────────────────────────────
 欧米のdyslexia friendly(識字障害を持つ人向け)の本は、多読を楽しむ
私たちにもとてもfriendlyだと思います。
 小さな英字がギュッと詰まった、イラストもない、分厚いペーパーバックは、
見ただけでreluctant readerになってしまいますね。
 dyslexiaの人の読書に与える物理的要因は、文字の大きさ、行間、文や本の
長さ、イラスト、紙質…などさまざまありますが、専門家の研究結果を基に
工夫された本は、易しい本から徐々にレベルアップして、好きな本を好きなだけ
読めるようにしたい私たちにもとても有用だと思います。
Barringtonシリーズがよく知られていますが、今回ご紹介するシリーズも
いかがでしょうか。
……………………………………………………………………………………………
■ Wired, Wired Connect    YL1.2〜1.4  3500語
……………………………………………………………………………………………
Bloomsbury Wiredシリーズは、Catch Upの協力を得て、英国で出版されて
いる読み物です。Catch Upは、読み書き計算に困難を感じる人々をサポートする
非営利慈善団体です。Wired, Wired Connectは、YL、語数ともほぼ同じ。
その中から数冊ご紹介します。短くても結末がピリリとしまっていて読後の
達成感があります。
★Dead Wood
古い森の木々を伐採して住宅地にするという父の仕事のため、その森に
越してきたHollyは、反対派のAshとWillowと友達になる。次々に起こる
不可解な出来事は一体誰の仕業なのか…。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1408163357/sss-22]
★Pitch Dark
Davidは転校先でサッカーチームに入り、ゴールキーパーになりたいと切望
するが、うまくいかない。ある夜、古いスタジアムで見知らぬ車椅子の老人に
会う。果たしてDavidの希望は叶うのか。結末は身の毛もよだつ恐ろしさ!
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1408155737/sss-22]
★Rainbow Boots
学校でRainbow Bootsという虹色のスニーカーが大流行り。でもDenzilはまだ
持っていないし、買ってもらえる当てもない。苦し紛れに嘘を重ねるうちに
最大のピンチが!笑える学園コメディ。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1408174081/sss-22]
……………………………………………………………………………………………
■ Wired Up, Wired Up Connect   YL1.6〜1.8 8000語
……………………………………………………………………………………………
Wired Up, Wired Up Connectは、少しレベルも上がり、語数も増えますが、
体裁はWiredなどと同じです。あるある!と思わせるお話が多いです。
★Breaking the Rules
転校生のMoは、いろいろなルールを決めて友達を作ろうと試みるが、ことごとく
うまくいかない。Facebookで知り合った男の子(?)とのやり取りにのめり込み、
とうとう会うことにしてしまう。ティーンエイジャーの閉塞感や生きにくさは
どこの国でも悩み尽きないのかも。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1408152711/sss-22]
★Is There Anybody There?
ハロウイーンの晩、こっくりさんで霊を呼び出してしまう高校生4人組。
単なる遊びのはずが恐ろしい事態に…。怖い!
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1408142619/sss-22]
★Man About the House
Jezaは思春期真只中の少年。離婚した父は新しい家族に夢中だが、父との
時間を持ちたい彼は鬱屈した気持ちの持って行き場がない。物を壊したり、
壁をぶち抜いたりする理由が分かる気がする。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1408156547/sss-22]
★Hot-Shot Harry
サッカーチームの花形選手のHarryは、自己中な言動でチームワークを乱す。
大事な試合で勝利を手にできるのか。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1408142627/sss-22]
……………………………………………………………………………………………
■Dark Hunterシリーズ  YL1.0〜1.2 2700語
……………………………………………………………………………………………
Dark Hunterシリーズも、上記Wired Up Connectシリーズと同じくCatch Upの
協力のもとに出版されているdyslexia friendlyの本です。
6冊シリーズで、Dark HunterのMr. BloodとアシスタントのEdgarとMaryが、
幽霊や吸血鬼などと戦います。慎重なEdgarと猪突猛進のMary、ふたりの
アシスタントの活躍にワクワクします。
★Ship of Death
幽霊船に追われるEdgarは必死で泳ぐが、果たしてみんなを救えるのか。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1408180855/sss-22]
★Marsh Demon
毎年沼地に現れるDemonは子供を生贄に連れ去るという。Demonを退治しないと
EdgarとMaryを差し出せと村人は迫る。3人組はどうやってDemonを倒すのか…。
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1408180707/sss-22]
───────────────────────────────────
【3】SSSコラム                      (古川)
───────────────────────────────────
今回は、筆者の都合により、休載させていただきます。申し訳ありません。
───────────────────────────────────
【4】SSSニュース             (SSS英語多読研究会)
───────────────────────────────────
■ 多読関連講演会・セミナー
───────────────────────────────────
効果的な多読指導法について、11月15日(日)大府(愛知県)において
セミナーが行われます。
詳細情報:[url:http://jera-tadoku.jp/]
申込み・問合せ: 事務局 workshop-aichi@seg.co.jp
───────────────────────────────────
■ 朝日小学生新聞 今月は"Milkshake Shake" (Cengage Learning)
───────────────────────────────────
今月の朝日小学生新聞 C'mon Tadokidsでは、Cengage Learning が出版している
Patricia Daly Oe and Mari Nakamura著の"Milkshake Shake"を紹介しています。
朝ごはんに何食べよう?ミルクシェイクを作るのに、上に下に、右に左に
シェイクシェイク!ああ、お腹いっぱい。リズム感たっぷりの文と、かわいい
イラストの絵本です。英文、イラスト、音声は、下記から
[url:https://asagaku.com/tado_kids/tado_index.html]
───────────────────────────────────
【5】編集後記                   (リリー・ローズ)
───────────────────────────────────
この夏、カンボジア、ベトナム、広島を旅行しました。観光旅行でしたが、
戦争の恐ろしさを痛感した旅でもありました。
カンボジアではポルポト政権下の大虐殺の爪痕を、ベトナムではベトナム戦争の
終わらぬ後遺症を見聞きしました。広島では、生で見た原爆ドームに言葉も
出ませんでした。戦後70年、そして戦争そのものの破壊力に深く考えさせられた
夏でした。
 でもNHKスペシャルの撮影でアンコールトムを訪れていた女優の杏ちゃんに
遭遇したのはうれしい旅のおまけでした!
 
読書の秋、番外編を2冊、最後に紹介させてください!
★ラグビー本:Mr. Men The Rugby Match (YL 1.6-2.4 555語)
 あのMr. Menのキャラクターがラグビーの試合に奮闘します。さて試合結果は?
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1405278765/sss-22]
★スター・ウォーズ本:Star Wars The story of Darth Vader (YL 1.5-2.5 2606語)
 これ1冊でStar Wars40年の歴史がよくわかります!
[url:http://www.amazon.co.jp/dp/1465433929/sss-22]
───────────────────────────────────

          多読通信、次号もお楽しみに!
        今 週 も H a p p y R e a d i n g !

───────────────────────────────────
多読通信に関するみなさまのご意見・感想などをお待ちしております。
・掲示板への投稿
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-event&c=e&id=2108]
・多読通信アンケートフォーム
[url:http://www.seg.co.jp/sss/information/formmail.html]
※アンケートフォームでいただいた質問に対するお返事を掲示板上で行う
場合があります。ご了承ください。
───────────────────────────────────
※このメールマガジンは『まぐまぐ!』 [url:http://www.mag2.com/] を利用して
発行しています。配信申込・中止・アドレス変更はこちらへ
[url:http://www.mag2.com/m/0000118505.html]
───────────────────────────────────
発行:SSS英語多読研究会( [url:http://www.seg.co.jp/sss/]
───────────────────────────────────

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎SSS多読通信
のバックナンバー・配信停止はこちら
[url:http://archive.mag2.com/0000118505/index.html]


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.