100万語通過しました

[掲示板: 100万語通過報告 -- 最新メッセージID: 8026 // 時刻: 2020/12/2(02:49)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[報告] 6373. 100万語通過しました

お名前: pinceana
投稿日: 2006/11/6(23:12)

------------------------------

こんばんは、pinceanaと申します。
9/30、60万語通過の時にはじめましての掲示板に書き込み、
10/31に100万語通過しました!
通過本はPGR3のThe Return of Sherlock Holmesでした。

多読を始めたのは2003年10月頃なんですが、途中なが〜い停滞期間が
あり、本格的に再開したのは今年7月半ばです。その時点で8万語程度
でした。この3ヶ月半で90万語ぐらい読んじゃったみたいです。
私は卒業した大学の近くに今も住んでいるので、大学図書館のGRを
せっせと借りて読みまくりました。100万語までに170冊読みましたが、
そのうちGRは127冊です。図書館が近くにあって助かりました。

100万語を過ぎて、気がついたことは戻り読みをしなくなったことです。
仕事の関係で英語とは付かず離れずでしたが、私は典型的な戻り読みを
していました。でも、気をつけて前へ前へと読み進めるうちに、戻らな
くても意味がわかるようになってきました。おかげで普通の読書のよう
に英語のお話が楽しめるようになってきました。

さて、100万語通過したら、ダレン・シャンを読もうと全巻そろえて
待っていたんですが、今は別の本を読んでます。本屋さんで大人向けの
ペーパーバックの棚にQuick Readsという薄くて字の大きいシリーズを
見つけたんです。PGR3より1ページあたりの文字がずううううーっと少
ない。でも、現代のBesttellersが書いてるんです。私はCHICKENFEED
という実際の事件を元にしたミステリーが面白そうなんで購入してし
まいました。期待どおり、面白かった! 大人向きのかなり暗い話だけ
ど、ぐいぐい引き込まれてしまいました。

調べてみたらこのシリーズは「読書の習慣を失ってしまった人、速く
読みたい人のため」に今年から刊行されたもののようです。BBCや複数の
出版社、著者が連携してQuick ReadsというNGOを作っているようです。
http://www.niace.org.uk/quickreads/
出版点数はまだ少ないですが、読者対象が大人なので内容もかなり大人
っぽいです。

なので、Amazonでさらに3冊取り寄せてしまいました。
ルース・レンデルの書いたものを今の英語力で読めるなんて嬉しいなあ。
まずはQuick Readsを読んで、それからダレン・シャンへ行こうと思いま
す。また、短い時間で読めるGRやMagic Tree Houseも続けて読んでいこ
うと思います。今、読書がとても楽しいです。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 6379. Re: 100万語通過しました

お名前: 酒井@快読100万語!
投稿日: 2006/11/7(00:41)

------------------------------

pinceanaさん、100万語通過、やったねー!!!
酒井@快読100万語!です。

〉こんばんは、pinceanaと申します。
〉9/30、60万語通過の時にはじめましての掲示板に書き込み、
〉10/31に100万語通過しました!
〉通過本はPGR3のThe Return of Sherlock Holmesでした。

〉多読を始めたのは2003年10月頃なんですが、途中なが〜い停滞期間が
〉あり、本格的に再開したのは今年7月半ばです。その時点で8万語程度
〉でした。この3ヶ月半で90万語ぐらい読んじゃったみたいです。

それはすごい! なんという落差!!
どうしてそんなことになったのですか?

〉私は卒業した大学の近くに今も住んでいるので、大学図書館のGRを
〉せっせと借りて読みまくりました。100万語までに170冊読みましたが、
〉そのうちGRは127冊です。図書館が近くにあって助かりました。

〉100万語を過ぎて、気がついたことは戻り読みをしなくなったことです。
〉仕事の関係で英語とは付かず離れずでしたが、私は典型的な戻り読みを
〉していました。でも、気をつけて前へ前へと読み進めるうちに、戻らな
〉くても意味がわかるようになってきました。おかげで普通の読書のよう
〉に英語のお話が楽しめるようになってきました。

うーん、何も考えずに読んでいるうちに量が解決したのだろうか?
大きな一歩でしたね! もうあとは戻り読みしなくて済む本を
楽しく読んでいけば、どこまでも上っていけますよ!

〉さて、100万語通過したら、ダレン・シャンを読もうと全巻そろえて
〉待っていたんですが、今は別の本を読んでます。本屋さんで大人向けの
〉ペーパーバックの棚にQuick Readsという薄くて字の大きいシリーズを
〉見つけたんです。PGR3より1ページあたりの文字がずううううーっと少
〉ない。でも、現代のBesttellersが書いてるんです。私はCHICKENFEED
〉という実際の事件を元にしたミステリーが面白そうなんで購入してし
〉まいました。期待どおり、面白かった! 大人向きのかなり暗い話だけ
〉ど、ぐいぐい引き込まれてしまいました。

〉調べてみたらこのシリーズは「読書の習慣を失ってしまった人、速く
〉読みたい人のため」に今年から刊行されたもののようです。BBCや複数の
〉出版社、著者が連携してQuick ReadsというNGOを作っているようです。
〉http://www.niace.org.uk/quickreads/
〉出版点数はまだ少ないですが、読者対象が大人なので内容もかなり大人
〉っぽいです。

〉なので、Amazonでさらに3冊取り寄せてしまいました。
〉ルース・レンデルの書いたものを今の英語力で読めるなんて嬉しいなあ。
〉まずはQuick Readsを読んで、それからダレン・シャンへ行こうと思いま
〉す。また、短い時間で読めるGRやMagic Tree Houseも続けて読んでいこ
〉うと思います。今、読書がとても楽しいです。

さっそく行ってみました!
ありがーとぉー!!

読んだらぼくも報告します!!!

pinceanaさん、上の質問に返信お願いしますね?
3ヶ月半前に何が起きたのか、その後何が起きたのか?
多読研究資料にしたい!

まそれはともかく、そのまま楽しく2周目も、Happy reading!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

6381. Re: 100万語通過しました

お名前: pinceana
投稿日: 2006/11/10(23:35)

------------------------------

こんばんは、pinceanaです。
酒井先生、お返事ありがとうございます。

"酒井@快読100万語!"さんは[url:kb:6379]で書きました:
〉pinceanaさん、上の質問に返信お願いしますね?
〉3ヶ月半前に何が起きたのか、その後何が起きたのか?
〉多読研究資料にしたい!

ちょっと説明しにくいんですが…

 私はSFが好きなので夏の日本SF大会に日程の合うときは参加しています。その大会が、来年2007年は世界SF大会と初の同時開催なのです。来年の大会への参加は一昨年、既に予備登録してあります。せっかくの世界大会だから海外からの参加者ともたくさんしゃべって楽しみたいのです。これがもともとの動機です。

 多読は2003年に始めて最初はいい感じで読んでいたのですが、OBW1のThe coldest place on the earthを読みたくなくて停滞していました。停滞している間にもCharlie and the chocolate Factoryなどを読んだり、編物やダイエットなどの実用書を英語で読んでいたりしていたので全く読まなくなってしまった訳じゃないんですが(実用書はカウントに入れてません)。

 でも世界大会まであと1年になり、このままじゃ世界大会が楽しめない!とやり直しの多読を始めたのが3ヶ月半前。The coldest place on the earth以外のOBW1を読んでレベルを上げてもいいんじゃないという友人(英語で論文書いちゃうような友人です)からの何気ない言葉でOBW1の壁を乗り越えたらあとは全然停滞せずにすいすい読めてしまいました。来年のSF大会に向けてがんばろうというおたくパワーがこの3ヶ月の原動力だと思います。

 仕事のためとか、勉強のためとかじゃなくて楽しいことをもっと楽しむための準備というスタンスだったからたくさん読めたような気がします。

 今も着々と読んでます。今日で110万語通過しちゃったみたいです。自分でもこの強い読書欲がわかりません。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[汗] 6382. Re: 100万語通過しました

お名前: 酒井@快読100万語!
投稿日: 2006/11/10(23:52)

------------------------------

pinceanaさん、こんばんは!

〉こんばんは、pinceanaです。
〉酒井先生、お返事ありがとうございます。

〉"酒井@快読100万語!"さんは[url:kb:6379]で書きました:
〉〉pinceanaさん、上の質問に返信お願いしますね?
〉〉3ヶ月半前に何が起きたのか、その後何が起きたのか?
〉〉多読研究資料にしたい!

〉ちょっと説明しにくいんですが…

〉 私はSFが好きなので夏の日本SF大会に日程の合うときは参加しています。その大会が、来年2007年は世界SF大会と初の同時開催なのです。来年の大会への参加は一昨年、既に予備登録してあります。せっかくの世界大会だから海外からの参加者ともたくさんしゃべって楽しみたいのです。これがもともとの動機です。

〉 多読は2003年に始めて最初はいい感じで読んでいたのですが、OBW1のThe coldest place on the earthを読みたくなくて停滞していました。停滞している間にもCharlie and the chocolate Factoryなどを読んだり、編物やダイエットなどの実用書を英語で読んでいたりしていたので全く読まなくなってしまった訳じゃないんですが(実用書はカウントに入れてません)。

〉 でも世界大会まであと1年になり、このままじゃ世界大会が楽しめない!とやり直しの多読を始めたのが3ヶ月半前。The coldest place on the earth以外のOBW1を読んでレベルを上げてもいいんじゃないという友人(英語で論文書いちゃうような友人です)からの何気ない言葉でOBW1の壁を乗り越えたらあとは全然停滞せずにすいすい読めてしまいました。来年のSF大会に向けてがんばろうというおたくパワーがこの3ヶ月の原動力だと思います。

〉 仕事のためとか、勉強のためとかじゃなくて楽しいことをもっと楽しむための準備というスタンスだったからたくさん読めたような気がします。

このお話、お会いしたときに全部聞いていましたね・・・;
冷や汗です・・・ 
(みんないつものことだとつぶやいている声が聞こえる・・・)

〉 今も着々と読んでます。今日で110万語通過しちゃったみたいです。自分でもこの強い読書欲がわかりません。

最後がおかしかった・・・ 
そうですか、自分でもわからない情熱に駆られて・・・

かーっこいー!! そのままどうぞ、Happy reading!!!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

6384. Re: 100万語通過しました

お名前: ヨシオ
投稿日: 2006/11/12(11:07)

------------------------------

pinceanaさん、100万語通過、おめでとうございます。ヨシオといいます。

〉こんばんは、pinceanaと申します。
〉9/30、60万語通過の時にはじめましての掲示板に書き込み、
〉10/31に100万語通過しました!
〉通過本はPGR3のThe Return of Sherlock Holmesでした。

おめでとうございます!

〉多読を始めたのは2003年10月頃なんですが、途中なが〜い停滞期間が
〉あり、本格的に再開したのは今年7月半ばです。その時点で8万語程度
〉でした。この3ヶ月半で90万語ぐらい読んじゃったみたいです。
〉私は卒業した大学の近くに今も住んでいるので、大学図書館のGRを
〉せっせと借りて読みまくりました。100万語までに170冊読みましたが、
〉そのうちGRは127冊です。図書館が近くにあって助かりました。

すごい!3ヶ月で90万語とは、はやいですね!それに、大学図書館を利用できるのはいいですね。うらやましい。

〉100万語を過ぎて、気がついたことは戻り読みをしなくなったことです。
〉仕事の関係で英語とは付かず離れずでしたが、私は典型的な戻り読みを
〉していました。でも、気をつけて前へ前へと読み進めるうちに、戻らな
〉くても意味がわかるようになってきました。おかげで普通の読書のよう
〉に英語のお話が楽しめるようになってきました。

そうそう。仕事で英語を読んでいるときは、日本語に訳さないと内容が理解できませんでした。仕事の英文はComputer関係のManualでしたが、余白に概要訳を書き込んだりしていましたね。後で見直すときに全体を読み直さなくてもいいようにです。それで、結構時間がかかっていました。いまは、早く読むことはできるようになりましたが、漢字を拾い読みしたら内容を思い出せる日本語とは違って、やはり、途中までは読まないと思い出せません(汗)。余白に日本語をメモしておくことは、便利かも。

〉さて、100万語通過したら、ダレン・シャンを読もうと全巻そろえて
〉待っていたんですが、今は別の本を読んでます。本屋さんで大人向けの
〉ペーパーバックの棚にQuick Readsという薄くて字の大きいシリーズを
〉見つけたんです。PGR3より1ページあたりの文字がずううううーっと少
〉ない。でも、現代のBesttellersが書いてるんです。私はCHICKENFEED
〉という実際の事件を元にしたミステリーが面白そうなんで購入してし
〉まいました。期待どおり、面白かった! 大人向きのかなり暗い話だけ
〉ど、ぐいぐい引き込まれてしまいました。

へ〜、メモしておきます。

Darren Shanは、全巻読みましたよ。面白かったです。途中でぶっ飛んでいるところもありましたが、でも、面白い♪ぜひ、Tryしてみてください。

〉調べてみたらこのシリーズは「読書の習慣を失ってしまった人、速く
〉読みたい人のため」に今年から刊行されたもののようです。BBCや複数の
〉出版社、著者が連携してQuick ReadsというNGOを作っているようです。
〉http://www.niace.org.uk/quickreads/
〉出版点数はまだ少ないですが、読者対象が大人なので内容もかなり大人
〉っぽいです。

ブレア首相が音頭をとったんですか?面白そうですね。ご紹介、ありがとうございます。

Quick Reads was launched by Prime Minister Tony Blair on World Book Day 2006 to provide fast-paced, bite-sized books by bestselling writers for emergent readers, anyone who had lost the reading habit or simply wanted a short, fast read.

〉なので、Amazonでさらに3冊取り寄せてしまいました。
〉ルース・レンデルの書いたものを今の英語力で読めるなんて嬉しいなあ。
〉まずはQuick Readsを読んで、それからダレン・シャンへ行こうと思いま
〉す。また、短い時間で読めるGRやMagic Tree Houseも続けて読んでいこ
〉うと思います。今、読書がとても楽しいです。

pinceanaさん、2周目も、Happy Reading!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

6390. Re: 100万語通過しました

お名前: pinceana
投稿日: 2006/11/15(10:52)

------------------------------

こんにちは、pinceanaです。

ヨシオさん、お返事ありがとうございます。
短い期間でたくさん読めたのは大学図書館がすぐ近くにあったからだと思います。読み終わったらすぐ次を借りられるというのがほんとに助かりました。借りに行ってその場で1冊読んで、他に何冊か借りるという方法でたくさん読めました。

Darren Shan、やっぱり面白いんですね。SSSの書評やAmazonの書評を読んで、早く読みたい読みたいと思ってはいるんですが、Quick Readsを4冊買っちゃったのでこれを読み終わるまではとがまんがまん。

買った4冊はこれです。
Chickenfeed Minette Walters ミステリー 既読
The Thief Ruth Rendell ミステリー 既読
Doctor Who: I Am a Dalek Gareth Roberts SF 既読
Someone Like Me Tom Holt SF? 未読
感想はhttp://wearhertale.blog50.fc2.com/blog-entry-31.htmlに少し書きました。

あと1冊読んだら、Darren Shanへ行こうっと。

みんな一緒にHappy Reading!


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.