おめでとうございます♪

[掲示板: 100万語通過報告 -- 最新メッセージID: 7983 // 時刻: 2018/6/26(04:19)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

1918. おめでとうございます♪

お名前: みちる http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/3112/
投稿日: 2003/10/12(12:39)

------------------------------

鉄平さん、こんにちは。

100万語通過おめでとうございます♪

〉やったー、って感じです。これほどうれしい達成感のあること久々です。
〉ちなみに通過本は、The Famous Fiveでした。昨日10月10日にもう一息で100万語に到達しそうだったので、どの本で通過しようか迷ったあげく「今日から読みます英語100万語!」で紹介されていたこの本を紀伊国屋に買いに行きました。
〉ここまでGRでも1万語強ぐらいの長さのものしか読んでいなかったので、通過本はちょっと読み応えのあるものをと思って、探していたのですが、WAOさんの「★10個くらいあげたいくらいで、GR3を4、5冊読んでいれば読める」という紹介に、これでいこうと決めたのです。
〉わたしにとってはじめての4万語でしたが、ほぼ一気に読み終えることができ、その読後感もすがすがしく、100万語通過とあいまって、今ものすごい高揚感に浸っています。

やったー。
100万語と一緒に40000語本もですね。
30000語以上くらい読めると面白い本も増えてくるような気がします。

〉こうしてみると、ずいぶん波があります。40万語まで快調に飛ばしていたのですが、8月のはじめに夏風邪をひいてから調子を崩してしまい停滞してしまいました。9月になってやっと調子も戻ってきたかと思ったら、ペーパーバックをいろいろ覗き見的にキリンしてしまい一見停滞しましたが、それでもPBも結構読める(読めそう)のもあってかなり自信がついてきました。はじめの目標が9月20日で100万語でしたが、いろいろ寄り道して楽しみながらきたので満足してます。

やっぱり、読んでいくのって凸凹がありますよね。
気にしていた頃もありますが、気ままなペースで楽しんでいく方がいいんでしょうね。
ペーパーバックが読める!というのは自信にもなりますよね。

〉100万語を通過して。
〉この歳になってまさか児童書を読んで涙ぐんだり、いやいや涙流してしまったり、それも英語の本を読んで、なんて想像もしていませんでした。
〉酒井先生の「快読100万語!」によってまったく新しい世界が広がったのだと、実感したのが、100万語通過最大の成果かもしれません。そして、確実にペーパーバックへの道の途上にあることも納得できました。
〉いよいよ本格的な読書を楽しめそうな雰囲気になってきています。二周目は児童書を中心に組み立ててみようかと思っています。

素敵な児童書が山ほど待っていますよ〜。
ふふふ。いっぱい泣いちゃってください。

それでは、二周目も楽しい読書を♪


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[喜] 1919. Re: おめでとうございます♪ありがとうございました!

お名前: 鉄平
投稿日: 2003/10/12(13:49)

------------------------------

みちるさん、ありがとうございました。
まだ100万語通過の心地よい満足感に浸ってます。

報告してからもいろいろ思い出していました。学生時代、中学生や高校生のときのことです。わたしは英語が大嫌いだったのです。その理由がはっきりとわかりました。授業に感動も何もなかったのです。ただの暗記物、それが学生時代の英語です。大学受験では10000語も覚えました。しかしそんなもの跡形もないのです。今はじめてほんとうに外国の言葉に触れているのだという実感があります。言葉がくっきりと見えてきています。これからどんな物語に出会えるのか、また、ペーパーバックを読めるようになると人生がどんなに変わっていくのか、楽しみです。

そういえば、みちるさんに教わったMTHのCDを聴きながら読んでみると、言葉がよりいっそうしみ込んでくるようです。CDもこうして使うと効果的なのだとはじめて知りました。これからもいろいろ教えてください。

それでは、また。


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.