100万語通過と効果の報告

[掲示板: 100万語通過報告 -- 最新メッセージID: 8016 // 時刻: 2019/12/8(16:27)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

8000. 100万語通過と効果の報告

お名前: KOTARO
投稿日: 2018/11/27(20:51)

------------------------------

2018年9月7日より、82日で100万語達成しました。

合計67冊で、到達時の本は「The Alchemist」でした。

「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」から始まり、この本で紹介されていた絵本レベルの本を読み、その後Cambridge English Readersをレベル1から順番に読んでいきました。
85万語の時点でレベル6に上がりましたが、まだ難しかったため、レベル3〜5くらいの児童書を読みました。

私がここまでで感じられた多読の効果も記しておきます。

5万語:リスニング力がいつもより上がっているような気がしました。いつもより意味がわかるようになってました。(多読の効果かどうかはわかりません。)
15万語:関係代名詞の入った文を読むのが問題がなくなってきました。
25万語:何度も出てくる文法のパターンとかを見かけるようになりました。多読が英語力向上に効果的だとはっきり認識できるようになりました。
50万語:英語の文章を読むのに抵抗がなくなってきました。読む速度も上がってきました。(分速145語くらい)語彙は増えているのは実感しますが、ゆっくりです。(数10個増くらいでしょうか?)
80万語:本の内容をもっと理解したくて文法の勉強を始めました。(Grammar in use Intermediate)たくさんの英文に触れているので文法の勉強も実際の文章のイメージが付き、以前よりはかどるように感じました。

100万語達成
レベル5までの本は読めるようになっていました。
洋書を読むことに抵抗は全くなくなりました。
語彙力増加はゆっくりですが、確実に「意味はわからないけど見たことある単語」は増えていますので今後読書を続けていくと意味がわかるようになり記憶に定着していくような実感はあります。
文章の処理能力が上がっていますので、リスニングから意味が理解できるようになりました。
スピーキングの伸びはまだ効果の実感は薄いですが、英文の蓄積が増えれば増えるほど英作文の能力は上がっていくと思いますのでスピーキングにも効果はあると思います。

次は300万語目指して多読を継続していきます。


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.