100万語通過しました♪

[掲示板: 100万語通過報告 -- 最新メッセージID: 8026 // 時刻: 2021/1/17(16:00)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[喜] 7876. 100万語通過しました♪

お名前: リンクス
投稿日: 2014/7/22(01:48)

------------------------------

こんにちは。

昨日、Roald Dahl の The Enormous Crocodile で100万語通過しました♪

この本は、100万語を超えたら
ブッククラブでお借りしようと思っていたのですが、
昨日、近くの図書館に行ったら棚にあるのをみつけたので借りてしまいました。
オーディオブックもダウンロードして、聞き読みしました。
ちょっとまだ難しいかったかな、と思いましたが、
あとでまた朗読だけで聞いて、その後、再度聞き読みしてみようと思います。

レベル2までで100万語、2年で300万語を目標にしていて、
今年の初めにYL0から多読をやり直しはじめて今7ヶ月ですが、
GRはYL2の後半、LLや絵本はYL2前後を中心に読んでいます。

物語の朗読を聞いて楽しめるようになりたい、そのために語彙を増やしたい。
というのが多読をはじめた動機なのですが、
ブッククラブに入ったことで、CD付の本を借りられるようになったので、
もっぱら聞き読みしています。

今迄読んだ本で特に印象に残っているのは下記の本です。

1 The Giving Tree
2 Who Sank the Boat? (付属のCDが楽しくて何回も聞きました。笑)

 この2冊を初めて読んだのは、
 今年初めに多読をYL0からやり直す前だったのですが、
 絵本ってこんなに面白いのか!と、とても感動して、
 この感動が多読を続ける大きなモチベーションになりました。

 昨年読んだ他の本は、語数を数えていなかったので、
 今回のご報告には入っていないのですが、
 この2冊は今年に入ってから再読したので語数をカウントしました。

3 Foundations Reading Library: Collection シリーズ

 中学生レベルの英語で学園ドラマ風にこんなに色々な話を表現できる。
 ということが私にとっては新鮮で驚きでした。
 (学生時代の不勉強がバレますね。汗)
 やっぱり基礎が大事。と思わされました。

4 Big Hair Day (Cambridge English Readers)

 朗読している女性の声が好きでした。
 また同じ人の朗読で何か聞き読みしてみたいです。

5 The Three Billy Goats Gruff (Ladybird: Favourite Tales)

 Ladybirdからは同じタイトルの本が何冊か出てるようなのですが、
 私が読んだのは「ISBN: 978-0721415406」のものです。
 個人的に苦手な発音が沢山出てくるので、
 発音練習にとても良かったです♪

6 Angry Arthur

 Me Books のアプリで読んだのですが、
 子供の怒りから広がる影響のスケールの大きいこと!
 朗読と効果音が雰囲気を更に高めていて印象深かったです。

7 Disney の Read-Along Storybook シリーズ
8 Childs Play の Flip Up Fairy Tales シリーズ

 この2つの絵本のシリーズは、ODR1が楽しく読めなくて、
 YL2に上がるのを躊躇している時に数冊ずつ読みました。
 OBW1は、ODR1と同じ出版社なので同じような感じなのかと思い込んでいて、
 なかなかOBW1を読んでみる気にならなかったのですが、
 この2つのシリーズを何冊か読んでから、
 MMR3→OBW1→OBW2→OBW3、と1、2冊ずつ読んでみたらスンナリ読めました。
 個人的には、OBW3よりこの絵本の単語の方が難しく感じるので、
 レベル上げで迷った時は、躊躇しないで、
 一度上のレベルも読んでみれば良かったんだ、
 ということが分かったのも良かったです。

9 The Railway Children (Oxford Bookworms Stage 3)

 この話は初めて知ったのですが、なぜかとても好きになり、
 Penguin Readersと、Usborne Young Reading Seriesの、
 同じタイトルも読んでみました。
 映画も見てみました。台詞はさっぱり分かりませんでしたが、
 多聴多読を続けて、いつかは台詞も聞き取れるようになりたいです。

 同じシリーズの The Secret Garden も、
 含みのある内容であまり好きではないものの、とても印象に残りました。
 やっぱり「名作」なんですね!
 Black Cat の電子書籍とMMR4にもあるようなので、
 そのうち読んでみようと思っています。

10 East of the Sun, West of the Moon (Rabbit Ears)

 Rabbit Earsの、The Three Billy Goats Gruff を、
 ブッククラブでお借りしたら、とても面白かったので、
 同じ出版社の他の本も読みたいと思い、
 KindleアプリとAudibleでデータを購入して聞き読みしました。
 英文は分からないところもかなりあるので、
 今の自分にはキリン読みなのかもしれない、
 とは思うのですが(YLは分かりませんでした)、
 シックな絵柄と音楽、それに、しわがれた深みのある朗読がとても素敵で、
 幻想的な気持ちに浸れるので、とても気に入っています。

今日からまた次の100万語に向けて、
楽しく着実に多聴多読を続けたいと思います♪


▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.