Re: writingの楽しみ方の一例・・・(HANAEさん、酒井先生へ)

[掲示板: 〈過去ログ〉SSS タドキストの広場 -- 最新メッセージID: 14976 // 時刻: 2020/1/21(15:53)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

13832. Re: writingの楽しみ方の一例・・・(HANAEさん、酒井先生へ)

お名前: たこ焼
投稿日: 2004/9/21(00:27)

------------------------------

HANAEさん、酒井先生、こんにちは。たこ焼です。

超遅レスになりまして、申し訳ありません。(汗)


H〉〉発言を感動しながらみてました。
H〉〉私もwriting始めていたのですが目からうろこでした。

酒〉ですよね!


あっ、ありがとうございますっ!


H〉〉私も私なりに一生懸命考え、これしたーいということが浮かんだんですがなんせ、今なかなか時間がとれず、「1000万語超えたらやろう」なんて気楽に思っていたことがあったんですが、酒井先生に話したらそんなの待てないから今書けといわれてしまいましたのでとりあえずやっていないのですがアイデアだけ。


アイデアだけでも気にせず、
どんどん、どんどん、と意見交換したいですね。


H〉〉私はずっと
H〉〉気に入ったシリーズや長いお話にかぎって最後がしれきれとんぼだったり変にあっけなくおわってしまってちょっと残念

H〉〉という思いをしたものが結構ありました。そのエンディングを変えてしまおう!
H〉〉というものです。

酒〉たこ焼きさん、これいいアイデアじゃない?


なるほど!
「エンディング」というのはとてもいいかもしれませんね。


H〉〉ただ、私がそれを思っていたのはなんせ長い話だったりでなかなか素材選びもやりはじめるのも大変。。。と尻込みしてたのですが、酒井先生から
H〉〉GRでやると面白いよね!と素晴らしいアイデアを提案してくださいました。
H〉〉私もたしかにGRで最後変えたいのいっぱいあるよなーと思いました。


「いっぱいあるよなー」ですか。
あはっははははhh。


「物語」の中の一部を変える・・のはとても面白いです。
特に、「エンディング」は一番変えやすいところなので、
「パロディはちょっと難しい・・」という方でも、楽しめるのではないでしょうか。
また、
「物語をどこでも自由に変えてみよう」とするよりも、
「エンディング」に絞る・・という束縛条件があった方が、かえって
敷居が低くなり、やりやすくなるように思います。

今回の提案、とても素晴らしいと思います。


酒〉みなさん、やってみませんか?
酒〉「あのGR、あんな終わり方なんて、期待はずれ!」と怒った
酒〉経験はおありでしょう?

酒〉その終わり方だけ、自分の都合のよいように変えてしまう!
酒〉そして、ここで発表する!!

酒〉あ、まちがいとかなんとかはかまわないから発表しましょう。
酒〉それで、みんなで磨き上げればいい!!

酒〉どう?


おもしろそうですね!


H〉〉わたしはとりあえず案だけなのでもしたこ焼きさん先にやられたら結果をお願いしますね!
H〉〉って人任せで逃げるHANAEでした。。。


たこ焼は、「エンディングに注目!」という意識はなかったのですが、
「物語」の中の一部を変える・・という視点で「物語」をいろいろといじっていました。

一般に、
「物語」というものは、いくつもの「要素」から構成されているように思います。
この「要素」が2つ3つ集まるだけで、「物語」として感じられ、
例えば、先の報告でたこ焼が書いた短縮版Flying Homeは、
「束縛」→「何らかのきっかけ」→「脱出」
でしょうか。
これらの要素がずらーっと並んだのが「物語」なのです。

また、
「物語」の中の「要素」は、他の「要素」と交換できることが多いようです。
ある「物語」とまた別の「物語」とが「要素」を交換して新しい「物語」が生まれる様は、
まるで、父方の染色体と母方の染色体とが組み換えを起こして、
遺伝子の新しい組み合わせ、子供の染色体が生まれるかのようです。

しかし、
「要素」と「要素」が交換できる・・といっても、やはり相性があるようです。
よく似た「要素」同士は、交換さらには混合すらうまくいく場合が多いのかもしれません。
例えば、元のFlying Homeの中の、ニューヨークからブラジルへの
「旅」という要素を、The Long Roadの中の要素「長旅」に換えたり、
両者を混ぜても、つじつまをちょちょいとあわせれば、おそらく
「物語」として立派に出来上がるのではないかと思います。

もちろん、
よく似ていない「要素」とも交換可能です。
ただこの場合、周辺の「要素」との相性が問題になりますが・・。
例えば、先の
「束縛」→「何らかのきっかけ」→「脱出」

「束縛」→「何らかのきっかけ」→「受容」
「束縛」→「何らかのきっかけ」→「復讐」
のようにしても、「物語」にちゃんとなると思います。
今回のHANAEさんのご報告で気付いたのですが、
確かに、最後の「要素」つまり「エンディング」はとりわけ交換しやすいですね。

たこ焼が、今、実際に書いているのは、
短縮版Flying Homeの「脱出」というエンディングを
「○×△」(ナイショです。笑)に換えたもののバリエーションで、
「束縛」→「変数X」→「○×△」
です。
「○×△」の表現は変わらないけど、
「変数X」にいろいろな要素を代入すると、それに応じて
「○×△」の意味が変わるかな?・・ということを試みています。
今は時間がない上に、なかなか難しくって、筆は遅々として進みませんが、けっこう面白いです。
ただ、楽しい物語でもないので、
掲示板への投稿を前提とせずに書いております。
う〜ん、でも、もしかすると、
気が変われば、投稿する・・かもしれません。(笑)


ではでは〜♪


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.