Re: この頃な本たち。(長いです。。)

[掲示板: 〈過去ログ〉SSS タドキストの広場 -- 最新メッセージID: 14976 // 時刻: 2020/9/21(11:30)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11802. Re: この頃な本たち。(長いです。。)

お名前: ririco
投稿日: 2004/4/28(00:02)

------------------------------

みちるさん、こんにちは。riricoです。

オフ会で予告もらっていたので、楽しみにしていましたー。
実は、すぐに読んでいたのですが、なかなかお返事書く時間がなくて。
みちるさんの絵本から和書までの幅広さに感心しました。

みちるさんの本の感想が好きです。
3行くらいなのになんだかとても伝わるものがあるなあって。
やっぱり読書量が多いと、文章力もつくのでしょうね。
言葉の選び方が上手なのだと思います。
3行ほどの読書感想で、すごくその本に興味を持たせたり、
本の雰囲気を伝えたりするのがスゴイ!
以下部分的にレスつけさせて下さいね。

〉◇◆◇絵本・ヴィジュアル本◇◆◇
〉Alyssa Satin Capucilli+Pat Schories「Biscuit」★★★
〉小犬の話。まずまずかわいかったかな。

「Biscuit」はブッククラブで3冊ほど読みました。
絵が可愛いのと繰り返しが多くて、ぼんやりしてても内容がわかるのが良いです。
ブッククラブの立ち読みで再読してしまいました。

〉Deborah Hautzig+Sylvie Wickstrom「Little Witch Goes to School」★★★★
〉キュートな魔女の女の子の物語。このシリーズは読んでみたいなー。

魔女の本は大好きなのでこのシリーズもチェックしています。
でも、まだ読んだことがありません。
魔女の本が大好きなのは子供の頃からで、一番好きだったのは、
ブリタニカから出ていた黄色い背表紙のシリーズの「魔女の本」
他にも「人魚の本」とか「王子と王女の本」とかいっぱいあるシリーズです。
みちるさんなら知ってるかな。今では廃版なのか売ってなくて悲しい。
あとは、プロイスラー作「小さい魔女」も大好き。
小学生の時何度も読んだのは「ガラス山の魔女たち」(邦題)
これは、最近調べたら「Wich Family」というタイトルで原書がありました。
読みたいのですが、私には未だレベルが高そうなので寝かせてあります。

〉Dr. Seuss「Ten Apples Up On Top」★★★★
〉Dr. Seuss「Marvin K. Mooney Will You Please Go Now!」★★★★
〉言葉遊びたっぷりの、Dr. Seussの絵本。頭の上にリンゴがいっぱいな絵本と、
〉あっちいってよという本。

akoさんもお薦めの絵本なので読みたいのですが、まだ読んでいません。
せっかくなのでみちるさんが紹介の2冊から読もうかしら。

〉Eric Carle「Draw Me A Star」★★★★
〉Eric Carle「Little Cloud」★★★★
〉Eric Carle「Papa, Please Get The moon For Me」★★★★★
〉Eric Carle「Do You Want To Be Me friend?」★★★★
〉Eric Carle「From Head To Toe」★★★★
〉Eric Carle「Today is Monday」★★★★
〉Bill Martin Jr.+Eric Carle「Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?」★★★★
〉やっぱり、エリック・カールはいいですね。どの作品も安心して読めます。
〉特に「Papa, Please Get The moon For Me」がよかったかな。

名前だけ知っているのですが読んでいません。
絵を見たら「あ!」って思うかもしれません。
読んでみたくなりました。

〉Hans Augusto Rey+Margret Rey「Curious George Visits The Library」★★★★
〉Hans Augusto Rey+Margret Rey「Curious George Makes Pancakes」★★★★
〉Hans Augusto Rey+Margret Rey「Curious George Feeds the Animals」★★★★
〉Hans Augusto Rey+Margret Rey「Curious George and the Dump Truck」★★★★
〉パンケーキのが一番よかったかな。それにしても、パンケーキっていろいろな
〉ところに出てくるね。ジョージの作るパンケーキも食べてみたいなぁ。

ジョージシリーズ大好きなのですが、パンケーキの話は特に好き!
後はチョコレート工場に行く話と病院の話が好きでした。

〉Ian Falconer「Olivia」★★★★★
〉Ian Falconer「Olivia Counts」★★★★
〉Ian Falconer「Olivia's Opposites」★★★★
〉ブタの女の子、Oliviaの話。絵がとってもキュートでポップでかわいい。

ブタちゃんが出てくる絵本・児童書に弱いのでチェックしました。

〉Norman Bridwell「Hello, Clifford!」★★★
〉Norman Bridwell「Fizz」★★★
〉Norman Bridwell「Clifford Likes To Be Nice」★★★
〉Norman Bridwell「Toad in The Boat」★★★
〉Norman Bridwell「Jumping in Puddles」★★★
〉Norman Bridwell「The Secret Treasure Hunt」★★★
〉赤くて大きな犬がでてくるもの。もともとフォニックス絵本として売られて
〉いるもので、レベルごとに語数などが増えていきます。
〉そういうところがちょっとORTっぽいかな。
〉シリーズものとして、なかなか面白かったです。

ORTっぽいというところにも惹かれるし、犬にも惹かれる。
さっきはブタに惹かれてたのに。動物ものに弱いのです。。。

〉Jean Van Leewen「Tales of Oliver Pig」★★★★
〉Jean Van Leewen「More Tales of Oliver Pig」★★★★
〉Jean Van Leewen「Tales of Amanda Pig」★★★★
〉Jean Van Leewen「More Tales of Amanda Pig」★★★★
〉おにいちゃんなOliverといもうとなAmandaがでてくるシリーズもの。
〉ほのぼのとした家族の絵本なので安心して楽しめると思います。

これは、「Tales of Oliver Pig」「More Tales of Oliver Pig」は
読みました。下の二冊はAmazon注文中です。

〉Sharon Lerner「Big Bird's Copycat Day」★★★
〉Katharine Ross+Tom Cooke+Tom Brannon「Twinkle, Twinkle, Little Bug」★★★
〉Linda Hayward+Tom Brannon+Annie Cobb「Baker, Baker, Cookie Maker」★★★
〉Sarah Albee+Tom Brannon「Elmo Says Achoo!」★★★
〉Tom Brannon「Elmo Likes」★★★
〉セサミストリートの絵本。おなじみのキャラがでてくるのでまずまず
〉楽しかったです。テレビだとElmoが一番好き。

セサミストリートも大好き。キャラがかわいくて。
でも子供の時にTVで見たときにはぜんぜん理解できませんでした。
私はクッキーモンスターが一番好きです。アーニーもかわいいんだけど、、

〉Shel Silverstein「The Missing Piece」★★★★
〉自分に足りないかけらをもとめてごろごろと・・・。
〉ハングリー精神の本と読むのか、恋の本と読むのか。楽しいような
〉さびしいような・・・。

これは日本語で読んでいます。なんだか考えさせられますよね。
私は恋の本と読んだのですが。
そっか、ハングリー精神の本とも読めるんですね。

〉Uri Shulevitz「Dawn」★★★★★
〉Uri Shulevitz「Snow」★★★★★
〉個人的には「Dawn」は邦訳の方が文章がよかったような気がします。
〉やわらかくあけてゆくよあけには、日本語が似合う感じがしたのかな。
〉楽しい「雪」には英語があっていたと思うのですけどね。

この英語の方が似合う、日本語の方が似合うという感想素敵ですね。
なんでもかんでも原文主義というのではなくて。
素敵な和訳はそれはそれでひとつの文学だなあと思います。
是非、原書と邦訳と両方読みたいなーーって思いました。

〉Ruth Krauss+Maurice Sendak「I Want To Paint My Bathroom Blue」★★★★★
〉Maurice Sendak「In The Night Kitchen」★★★★★
〉やっぱり、センダックは魅力的ですね。
〉初期の頃の楽しい絵でのクラウスとのコラボは楽しいですし、
〉「まよなかのだいどころ」のみっちりとした絵もいいなぁ。これは
〉物語も楽しいですしね。

どちらも未読なのですが、センダックは私も大好きです。
それがコメントしたかったのでした。

〉◇◆◇児童書◇◆◇
〉Darren Shan「ANNIE'S DIARY」★★★
〉Darren Shan「AN AFFAIR OF THE NIGHT」★★★★★
〉Darren Shan「VIVA VAMPIRES!!」★★★★
[url:http://www.darrenshan.com/uk_site/extras/uk-extras-main.html]
〉日本限定の「ダレン・シャン外伝」を読んだら、そうだったんだーと思う
〉所が多くて、面白かったので、もとの英文をサイトまで読みにいきました。
〉恋物語がなかなか切ないです。。

ダレン・シャン早く読めるようになりたい・・・気になるシリーズです。
日本限定の外伝なんてあるのですねー。知りませんでした。

〉Dick King-Smith「George Speaks」★★★★
〉Dick King-Smith「Lady Lollipop」★★★★☆
〉生まれたときから、天才なジョージの物語が上。ちょっと生意気すぎ?
〉とも思うけど、なかなか面白かったかな。
〉下のは、わがままお姫様の教育もの? 絵もかわいくて、ちょっぴり
〉「マイ・フェア・レディ」なんかを思い出したりして。素敵。

「Lady Lollipop」はSSSの書評でチェックして、ずーっと気になっています。
絵が可愛いんですよね。
みちるさんのコメントを読んでやっぱり読みたくなりました。

〉Marjorie weinman Sharmat「Nate The Great Saves The King of Sweden」★★★★★
〉Marjorie weinman Sharmat「Nate The Great and The Crunchy Christmas」★★★★★
〉Marjorie weinman Sharmat「Nate The Great and The Tardy Tortoise」★★★★★
〉Marjorie weinman Sharmat「Nate The Great and The Big Sniff」★★★★☆
〉Marjorie weinman Sharmat「Nate The Great and The Monster Mess」★★★★☆
〉Marjorie weinman Sharmat「Nate The Great and Me The Case of the Fleeing Fang」★★★★☆
〉22冊で読了? なのかなぁ。200冊くらいあるといいのにね。
〉下の三冊は章立てで、個人的には章になっていない方が好みかなぁと思いました。
〉しかも、二冊は画家が違って、絵がかわいすぎるというか。。これはNateじゃない〜
〉という感じでした。

Nateシリーズ大好きー。とくにRosamondちゃんが大好き!!
私は書評等を読んでRosamondちゃんが目立ちそうな本を選んで買っています。
挿絵が違う人だとがっかりしますよねー。同感同感。
あ、あと何故かFangが好きです。

〉Tracey West「Pokemon Holiday Hi-Jynx Sticker Storybook」★★★
〉Tracey West「Pokemon-Team Rocket Blasts Off!」★★★
〉Tracey West「Pokemon-Island of the Giant Pokemon」★★★
〉Tracey West「Pokemon The Movie 2000」★★★
〉ポケモンもさすがに5冊読むと、登場人物の関係が分かってきて読みやすく
〉なりますね。一番上のシールブックのがかわいかったです。

「ときどき投稿したい人の広場」のひまぞさんの「春はポケモノ」を読んだら
すごく読みたくなってポケモンの絵本を大人買いしてしまいました。
まだ読んでないのですが、ピカチュウかわいい。。
日本のアニメのポケモンを知らないので、まだ人物関係がさっぱり・・・。

〉Polly Horvath「Everything on a Waffle」★★★★★!!
〉「みんなワッフルにのせて」という邦訳が素敵だったので読んだのですが、
〉やっぱりよかったです。カセットもあったので、LRで読んだのですが、
〉このカセットもすごくよかった。両方満足。
〉レベルは6くらいかな。ちょっと難しめかも。

これも、すごく読んでみたくなりました。
レベル的にまだかなー。今後の楽しみということで。

〉Ann M. Martin「Baby-Sitters Little Sister3 : Karen's Worst Day」★★★★
〉カレンちゃんの3冊目。物語は2巻目の続きという感じがしますね。
〉何をやっても上手くいかないような日はあるもの。そんな一日どう過ごす?

Baby-Sitters Little Sisterシリーズは私にはとっても読みやすいみたいです。
ミッシェルシリーズはナンシーはイマイチ読みにくいのですが、
これはもう5冊くらい読みました。
何気にちゃんと続いてるところが好きかな。
本家のBaby-Sitters Clubのシリーズも読めるようになりたいのですが。

〉(その他よかった本)
〉・梨木香歩「家守綺譚」新潮社★★★★★!!
〉あぁ、こういう小説に出会いたかったんだって思った。ストーリーはある
〉けれど、ストーリーはなくてもいいと思ってしまうような作品。孤独で、
〉でも一人ではなくて、悲しくて、でもユーモアがあって、すごく美しい空気。
〉たゆたゆたゆとただその中にひたっていたくなる。こんなにも読み進めたくて、
〉読み進めるのがもったいないように思った作品ははじめてかも。

〉・梨木香歩「春になったら苺を摘みに」新潮社★★★★★
〉声高に説くものではなく、押しつけがましくもない、とても静かなそして
〉真摯な随想集だと思う。著者がイギリス留学したときの下宿先ウェスト夫人
〉やその周辺の人々との交流の中から生み出されてきた思いを描いたものと
〉いってもいいだろう。「人を受け入れること」を書いたもの。いろいろ
〉考えさせられた。梨木果歩さんの作品の原点だなぁ。ここから、作品が
〉生まれた来たのだなと思った。

梨木果歩さん、実は知らなかったのですが、すごく読みたくなりました。
本屋さんで探してみようっと。
吉野弘さんを知らなくて驚かれたので、梨木果歩さんを知らないのも驚かれちゃうかしら?
私はみちるさんの知識の深さの方に驚きでした。

たくさんの素敵な本の紹介ありがとうございました。
また、感想などお話できたらなあって思いますvvv


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.