Re: 「大聖堂」の絵本の感想などなど・・・

[掲示板: 〈過去ログ〉SSS タドキストの広場 -- 最新メッセージID: 14976 // 時刻: 2020/3/29(08:41)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[喜] 11468. Re: 「大聖堂」の絵本の感想などなど・・・

お名前: マリコ@SSS
投稿日: 2004/4/10(22:22)

------------------------------

"MOMA親爺さん、maria2さん、こんばんは!マリコ@SSSです。

秋男さんの「大聖堂」の絵本の感想の投稿があったので、ここにたどりつきました。

〉〉ゴシック建築は後ろから見るのも面白いのです。いかに高い塔をフライング
〉〉バットレス(飛梁)で支えたかを見れます。

〉   このフライングバットレスというのが、何回も何回も登場するんです。
〉   私は、もうばっちりイメージ出来ましたよ。高い塔、というか柱(pier)
〉   が高さを増していく内に、だんだん読者の私は不安になるわけです。
〉   風が吹いたらどうなるんだろう、地震がきたら一発で倒れそうだし。
〉   それで、その支えがフライングバットレスなんですね。

ここいいなぁと思って。
児童書って特にそうですよね。
なんども別の英語で書かれているから、ほんとにどんな意味の単語なのかがイメージとしてわいてくる。
MOMA親爺さんが不安にさえなるところが、多読ってほんっとにすごいなぁって思います。

この本の話からはずれちゃいましたけど・・・
では、では。


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.