じゅんじゅんさんへのメッセージ

[掲示板: オフ会参加募集・報告 -- 最新メッセージID: 14783 // 時刻: 2020/6/4(20:12)]

管理用 HELP LOGIN    :    :


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

8130. じゅんじゅんさんへのメッセージ

お名前: クッキー
投稿日: 2005/10/24(11:52)

------------------------------

"じゅんじゅん"さんはこんにちは!クッキーです。

〉 こちらこそ、ご無沙汰しています。お元気ですか?
〉 ところで、その節とはどの節でしょう?
〉 いっぱいあったような・・。なんちゃってー(笑)

ハイ、いっぱいありました。
「ログインできない!!」から始まって、「書評ができないよ〜!」・・・etc・・・」そのたびにじゅんじゅんさんは笑顔で助けてくださいました。

〉ご報告読ませてもらいました。
〉タドキスト大会の掲示板に書かれていたご報告も読んでいます。
〉あちらでお見かけした際に、声をかけたーい!と思っていたのですが、
〉タイミングをはずしてしまったので、この偶然に感謝!です。

〉突然ですが、私はとってもあがり症の泣き虫なので、発表とか苦手です。
〉自分の気持ちを伝えようとすると、顔が真っ赤になって目に涙がたまってしまいます。
〉いまはいくらか良くなったんですけど。(想像つかないでしょ?)

「いくらよくなった」なんてとんでもない、いつもSSSでは堂々としていて、それでいて初々しくて、とっても素敵なリーダーぶりでした。とても頼もしく、頼り切ってリードしていただいておりました。

そして、じゅんじゅんさんがSSSの仲間の中で涙ぐんだのは「あがりしょう」のせいなんかではなく、いつも「喜び」でいっぱいになってでしたよね。

〉だから、終了の合図のくだりは読んでいて苦しかったです。
〉伝えよう、伝えたい、時間がない、とドキドキしてしまいました。
〉でも、クッキーさんが側にいてくれた、そのことでドキドキがおさまりました。分かってくれる人がいる、と思ったら、安心できました。

私いつでも、じゅんじゅんさんのそばにいますよ〜。(^^)

〉今時の中学生ってどんな感じなのかさっぱり分からないですけど、
〉同情や慰めでなく、伝えたいことが伝わって、共感してくれたことは、とっても嬉しかったと思います。

〉私は自分を振り返り、クッキーさんの気持ちは嬉しかったです。

〉クッキーさんの生徒さんも、サッカーを語った子も、
〉クッキーさんに出会えて良かったですね!

〉これまでも、これからも、いろいろな状況があるのだと思いますが、
〉こうやって心から理解して共感してくれる方が側にいれば、
〉きっと大丈夫です、よね。私はそう思っています。

私もそう思います。
そして、こんどは、じゅんじゅんさんも「誰かのそばにいてあげらる喜び」をもっともっと味わってくださいね。(あの時、私のそばにいてくださったように・・)

私には、幼い頃に大人の人に本を読んでもらったり、お話や紙芝居をしてもらった楽しい思い出があるの。周りの大人達は忙しくてその数は沢山ではないのだけど、それがいつのまにか心の中で育っていて、今の私があるように思います。だから、今度はそれを、幼い人たちにいっぱい返してあげる番だと思っているのです。

これって、きっと、ステキな「お返しのお返し」だね?!

じゅんじゅんさん、See you soon!!

クッキー


▲返答元

▼返答


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.