絵本報告 その3

[掲示板: めざせ100万語! -- 最新メッセージID: 25642 // 時刻: 2019/8/24(04:35)]

管理用 HELP LOGIN    :    :



上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11522. 絵本報告 その3

お名前: アトム
投稿日: 2003/2/25(23:09)

------------------------------

こんばんは、アトムです。
調子に乗って3回目です。
今回は「絵本なんて女子供の読むもの。あんな甘ったるいもの読んでられるかい」
という方(いるのか?)の為にとっておきを披露します。

◎It's Disgusting and We Ate it !
  James Solheim著

ゲテモノ食いの話です。なのに絵本です。
ゲテモノ食いを否定する本ではなくて、
世界にはこういうものを普通に食べている人もいるんだよだよ、という肯定の本です。
Salted earthworms はビーフジャーキーの味がする、とか
Fried wax moth caterpillars はベーコンの味がする、
なんて書いてありました。ヒエ〜!!
この本、私は最後まで読めませんでした。よってカウント外です。

もう一冊

◎CLOUDY WITH A CHANCE OF MEATBALLS
Judi Barrett著/Ron Barrett絵 

これはまたちょっと違った感じで全然甘くない絵本。
なんというか、ソフトな「楳図 かずお」風。
きっと描いたご本人は、そんなつもりはないのだと思うのですが(笑)
ストーリーも考えようによっては怖い。
私、「まことちゃん」が苦手だったので、コレも苦手です。

ではでは、気を取り直して、普通の絵本のご紹介。有名キャラクターどころを少し。

■Ludwig Bemelmans

◎ Madeline ★★★★
(邦題:げんきなマドレーヌ)
   マドレーヌが病気に!?お茶目なマドレーヌです。
◎ Madeline and The Bad Hat ★★
(邦題:マドレーヌといたずらっこ)
   隣に男の子が引っ越してきた!悪さばかりする男の子ですが…。
◎ Madeline and The Gypsies ★★★★
(邦題:マドレーヌとジプシー)
   マドレーヌと男の子がジプシーにさらわれる!?
◎ Madeline in London ★★★★
(邦題:ロンドンのマドレーヌ)
   ロンドンに引越ししてしまった男の子を訪ねていきます。
◎ Madeline's Rescue ★★★
(邦題:マドレーヌといぬ)
   マドレーヌが川に落ちた!!さあ大変。
◎ Madeline's Christmas ★★★★
(邦題:マドレーヌのクリスマス)
   マドレーヌ以外はみんな風邪を引いて寝込んでいます。そこにやってきた男は…。

ベーメルマンスさんの「マドレーヌ」です。
修道院付の施設で寝泊りする12人の幼い女の子たちのお話です(マドレーヌはその中の一人です)。
アメリカでは非常に人気があると、絵本セールスのおじさんが言っていました。
日本で言うとなにかなあ、「ぐりとぐら」かなあ。   ……。比較の仕方が違うような気がする(まあいいか)。
レベルは平均して2くらい。リズムがよくて(韻を踏んでいるようです。英語でも韻と言うのか?)
心地よく読めますが、リズムのよさを追求するあまり、少し難しく感じるところもあります。でも絵本ですから(笑)
このシリーズを読むたびに私は「絵本って高いよね」と思います(苦笑)。
非常に可愛いお話ではあります。でも、書店や図書館で済むならそうしたほうが良いです(怒られるかなあ)。

次は「ぞうのババール」です。レベル2〜3くらいです。

◎ Babar and the Ghost
   古城からおばけをつれてかえって来ちゃった!
◎ Babar and the Wully-Wully
   幻の動物、Wully-Wullyをめぐるサイの国との戦い!
◎ Bonjour, Babar
   6つのお話が入っています(下記参照)
◎ The Story of Babar
   ババールの生い立ちがわかります。

ブリュノフさんが描いているのですが、
50年ぐらい前に初めてフランスで出版されて、
今はその最初に描いた方の子供か孫かが描いてアメリカで出版しているのだそうです。
(絵本のセールスのおじさんの受け売り)。
「Bonjour, Babar」にはお話が6つ入っていました。
たぶん「ぞうのババール」「ババールのしんこんりょこう」「おうさまババール」「ゼフィールのなつやすみ」
それと、ババールに子供が生まれる話、だったと思います(かなりうる覚え)。
これは買いです。コレを読むとババールのすべてがわかります。
「The Story of Babar」はいわゆる上記の「ぞうのババール」です。

最後は、今更紹介するのもどうかと思う、「がまくんとかえるくん」です。

■Arnold Lobel(著)

◎Day With Frog and Toad
◎Frog and Toad All Year
◎Frog and Toad Are Friends
◎frog and Toad Together

Bookshopでもセットがあるし、書評もレビューもたくさんあがっているので、
今更なにもいいません。ただ「私読んだよ」と言いたかっただけです(笑)
4冊とも最初図書館で借りたのですが、その中で一番好きな
Frog and Toad All Year を、カセット付で買いました。

では。
まだまだネタは尽きないアトムでした。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11525. Re: 絵本報告 その3

お名前: HANAE
投稿日: 2003/2/25(23:47)

------------------------------

アトムさん、ごきげんよう
ありがとうございます。

な、なんと
〉■Ludwig Bemelmans

〉◎ Madeline ★★★★
〉(邦題:げんきなマドレーヌ)
〉   マドレーヌが病気に!?お茶目なマドレーヌです。
〉◎ Madeline and The Bad Hat ★★
〉(邦題:マドレーヌといたずらっこ)
〉   隣に男の子が引っ越してきた!悪さばかりする男の子ですが…。
〉◎ Madeline and The Gypsies ★★★★
〉(邦題:マドレーヌとジプシー)
〉   マドレーヌと男の子がジプシーにさらわれる!?
〉◎ Madeline in London ★★★★
〉(邦題:ロンドンのマドレーヌ)
〉   ロンドンに引越ししてしまった男の子を訪ねていきます。
〉◎ Madeline's Rescue ★★★
〉(邦題:マドレーヌといぬ)
〉   マドレーヌが川に落ちた!!さあ大変。
〉◎ Madeline's Christmas ★★★★
〉(邦題:マドレーヌのクリスマス)
〉   マドレーヌ以外はみんな風邪を引いて寝込んでいます。そこにやってきた男は…。
〉次は「ぞうのババール」です。レベル2〜3くらいです。

〉◎ Babar and the Ghost
〉   古城からおばけをつれてかえって来ちゃった!
〉◎ Babar and the Wully-Wully
〉   幻の動物、Wully-Wullyをめぐるサイの国との戦い!
〉◎ Bonjour, Babar
〉   6つのお話が入っています(下記参照)
〉◎ The Story of Babar
〉   ババールの生い立ちがわかります。

〉ブリュノフさんが描いているのですが、
〉50年ぐらい前に初めてフランスで出版されて、
〉今はその最初に描いた方の子供か孫かが描いてアメリカで出版しているのだそうです。
〉(絵本のセールスのおじさんの受け売り)。
〉「Bonjour, Babar」にはお話が6つ入っていました。
〉たぶん「ぞうのババール」「ババールのしんこんりょこう」「おうさまババール」「ゼフィールのなつやすみ」
〉それと、ババールに子供が生まれる話、だったと思います(かなりうる覚え)。
〉これは買いです。コレを読むとババールのすべてがわかります。
〉「The Story of Babar」はいわゆる上記の「ぞうのババール」です。

〉最後は、今更紹介するのもどうかと思う、「がまくんとかえるくん」です。

〉■Arnold Lobel(著)

〉◎Day With Frog and Toad
〉◎Frog and Toad All Year
〉◎Frog and Toad Are Friends
〉◎frog and Toad Together

〉Bookshopでもセットがあるし、書評もレビューもたくさんあがっているので、
〉今更なにもいいません。ただ「私読んだよ」と言いたかっただけです(笑)
〉4冊とも最初図書館で借りたのですが、その中で一番好きな
〉Frog and Toad All Year を、カセット付で買いました。
この三シリーズ結構好きですが上の二つはまだ全部読破できていなかった!
読まなくては!
と思わず思ってしまいました。
絶叫にて失礼_(..)_
(特にババールは、最近20th century...(あの有名な厚〜い本です)のなかに入っているのを見つけてお気に入りになりました。)


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11553. HANAEさんありがとうございます&’Bonjour, Babar’の正確な情報

お名前: アトム
投稿日: 2003/2/26(11:27)

------------------------------

HANAEさん、こんにちは。レスありがとうございます。

〉〉次は「ぞうのババール」です。レベル2〜3くらいです。
〉〉◎ Babar and the Ghost
〉〉   古城からおばけをつれてかえって来ちゃった!
〉〉◎ Babar and the Wully-Wully
〉〉   幻の動物、Wully-Wullyをめぐるサイの国との戦い!
〉〉◎ Bonjour, Babar
〉〉   6つのお話が入っています(下記参照)
〉〉◎ The Story of Babar
〉〉   ババールの生い立ちがわかります。

〉この三シリーズ結構好きですが上の二つはまだ全部読破できていなかった!
〉読まなくては!
〉と思わず思ってしまいました。
〉絶叫にて失礼_(..)_
〉(特にババールは、最近20th century...(あの有名な厚〜い本です)のなかに入っているのを見つけてお気に入りになりました。)

HANAEさんはじめ、ババールファンのみなさんにあいまいな情報を提供してしまいました。ごめんなさい。
お話が6つ入っているといっているのに5つしか紹介してないし。

さっき、アマゾンで(アマゾンかいっ)Bonjour, Babar の6つのお話をちゃんと調べました。
・The Story of Babar(ぞうのババール)
・The Travels of Babar(ババールのしんこんりょこう)
・Babar the King(おうさまババール)
・Babar and Zephir(さるのゼフィール)
・Babar and his Children(ババールのこどもたち)
・Babar and Father Christmas (ババールとサンタクロース)

最初にババールを書き始めたのがジャン・ド・ブリュノフ(Jean de Brunhoff)さんで、
続きを書いているのがロラン・ド・ブリュノフ(Laurent de Brunhoff)さんなのだそうです。
この’Bonjour, Babar’にはジャンさんが描いた6つのお話が全部入っているようです。
6つのお話以外は全部ロランさんの作品だということのようです。

HANAEさん、これは買いですよ!
お話1つ1つもばらばらに本になっているようですけれど(それが普通の状態なんでしょうけど)。


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11527. Re: 絵本報告 その3

お名前: トオル
投稿日: 2003/2/26(00:12)

------------------------------

〉こんばんは、アトムです。

アトムさん、こんばんは。トオルです。

〉4冊とも最初図書館で借りたのですが、その中で一番好きな
〉Frog and Toad All Year を、カセット付で買いました。

私もブッククラブで借りて4冊全て読みましたが、
Frog and Toad All Yearが一番好きで、
カセット付きでシャドーイング用に買いました。
それだけ言いたくて出てきました。

Happy Reading!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11565. トオルさんありがとうございます

お名前: アトム
投稿日: 2003/2/26(20:36)

------------------------------

トオルさん、こんばんは。
なんだかお久しぶりです。

〉私もブッククラブで借りて4冊全て読みましたが、
〉Frog and Toad All Yearが一番好きで、
〉カセット付きでシャドーイング用に買いました。
〉それだけ言いたくて出てきました。

そうです、私もシャドーイング用に買ったのでした。忘れていました。
4冊ともよかったのですが、
Toad君のよさが一番よくでているのが、Frog and Toad All Yearではないかと感じて、これにしました。

あれあれ、カセットどこにいっちゃったのかなあ???(おーい)

トオルさんも Happy Reading!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

[♪] 11533. Re: 絵本報告 その3

お名前: SSS 酒井邦秀
投稿日: 2003/2/26(00:59)

------------------------------

〉こんばんは、アトムです。
〉調子に乗って3回目です。

アトムさん、3回目もすばらしーっす。

〉今回は「絵本なんて女子供の読むもの。あんな甘ったるいもの読んでられるかい」
〉という方(いるのか?)の為にとっておきを披露します。

大賛成!
ぼくはかなり本格的に絵本を集めてますからね
(いちばんばかだったのは、ほれこみすぎて、1冊3万円の
稀覯本を2冊買ってしまったこと・・・)、
女子どもの読むものなんてね!ひどいですよね?

いい大人の男がたくさん書いてるし、一生懸命描いてるんですからね、
自分に納得できないものなんか描いてないですよ。

〉◎CLOUDY WITH A CHANCE OF MEATBALLS
〉Judi Barrett著/Ron Barrett絵 

〉これはまたちょっと違った感じで全然甘くない絵本。
〉なんというか、ソフトな「楳図 かずお」風。
〉きっと描いたご本人は、そんなつもりはないのだと思うのですが(笑)
〉ストーリーも考えようによっては怖い。
〉私、「まことちゃん」が苦手だったので、コレも苦手です。

〉ではでは、気を取り直して、普通の絵本のご紹介。有名キャラクターどころを少し。

ぼくもこれ持ってます。アトムさんに同意します。
もちろんこれが好きな人は好きな人でいいのですよ。
ぼくはたまたま「なんだかなあ・・・」と思ったのです。

〉■Ludwig Bemelmans

〉◎ Madeline ★★★★
〉(邦題:げんきなマドレーヌ)
〉   マドレーヌが病気に!?お茶目なマドレーヌです。
〉◎ Madeline and The Bad Hat ★★
〉(邦題:マドレーヌといたずらっこ)
〉   隣に男の子が引っ越してきた!悪さばかりする男の子ですが…。
〉◎ Madeline and The Gypsies ★★★★
〉(邦題:マドレーヌとジプシー)
〉   マドレーヌと男の子がジプシーにさらわれる!?
〉◎ Madeline in London ★★★★
〉(邦題:ロンドンのマドレーヌ)
〉   ロンドンに引越ししてしまった男の子を訪ねていきます。
〉◎ Madeline's Rescue ★★★
〉(邦題:マドレーヌといぬ)
〉   マドレーヌが川に落ちた!!さあ大変。
〉◎ Madeline's Christmas ★★★★
〉(邦題:マドレーヌのクリスマス)
〉   マドレーヌ以外はみんな風邪を引いて寝込んでいます。
そこにやってきた男は…。

全ページ韻を押した詩になってます。
マドレーヌの冷静沈着な破天荒ぶりが大好きです。

突然、おやすみなさい!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11567. 酒井先生、ありがとうございます

お名前: アトム
投稿日: 2003/2/26(20:54)

------------------------------

酒井先生、こんばんは。

〉〉こんばんは、アトムです。
〉〉調子に乗って3回目です。

〉アトムさん、3回目もすばらしーっす。

ちーっす。(意味不明。すみません、つい)

〉〉今回は「絵本なんて女子供の読むもの。あんな甘ったるいもの読んでられるかい」
〉〉という方(いるのか?)の為にとっておきを披露します。

〉大賛成!
〉ぼくはかなり本格的に絵本を集めてますからね
〉(いちばんばかだったのは、ほれこみすぎて、1冊3万円の
〉稀覯本を2冊買ってしまったこと・・・)、
〉女子どもの読むものなんてね!ひどいですよね?

先生が、ここに反応されるとは思っていなかったので、何も用意していません(何を?)。
っていうか、本格的に絵本を集めていらっしゃる方の前で、堂々と絵本の紹介なんて、
面の皮が厚いというか、心臓に毛が生えているというか、まったく恐れ多いことです。
しかし、今度その稀覯本(なんと読むのでしょう)を読ませてください。
手袋持参します。マスクも持って行きます。

〉〉◎CLOUDY WITH A CHANCE OF MEATBALLS
〉〉Judi Barrett著/Ron Barrett絵

〉ぼくもこれ持ってます。アトムさんに同意します。
〉もちろんこれが好きな人は好きな人でいいのですよ。
〉ぼくはたまたま「なんだかなあ・・・」と思ったのです。

知っててこの本を買われたのですか?なぜ?(あ、本格的に収集されているからですね)
この本を面白い(違う意味で)という方は絶対いると思います。
が、「ほのぼの・しみじみ感動」系が好きな方には絶対に受けない本ですよね。

〉全ページ韻を押した詩になってます。
〉マドレーヌの冷静沈着な破天荒ぶりが大好きです。

私のあまり好意的ではないコメントのあとに、
好意的なコメントをいただくと救われる気持ちです。ありがとうございます。

〉突然、おやすみなさい!

電池が切れましたね(笑)


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11551. Re: 絵本報告 その3

お名前: ヨシオ
投稿日: 2003/2/26(09:17)

------------------------------

アトムさん、おはようございます、ヨシオです。

〉こんばんは、アトムです。
〉調子に乗って3回目です。
〉今回は「絵本なんて女子供の読むもの。あんな甘ったるいもの読んでられるかい」
〉という方(いるのか?)の為にとっておきを披露します。

絵本報告(その3)、ありがとうございます。150万語のお礼のレスで催促してしまったような(たまたま偶然ですよね)。汗汗。

〉■Ludwig Bemelmans

〉◎ Madeline ★★★★
〉(邦題:げんきなマドレーヌ)
〉   マドレーヌが病気に!?お茶目なマドレーヌです。
〉◎ Madeline and The Bad Hat ★★
〉(邦題:マドレーヌといたずらっこ)
〉   隣に男の子が引っ越してきた!悪さばかりする男の子ですが…。
〉◎ Madeline and The Gypsies ★★★★
〉(邦題:マドレーヌとジプシー)
〉   マドレーヌと男の子がジプシーにさらわれる!?
〉◎ Madeline in London ★★★★
〉(邦題:ロンドンのマドレーヌ)
〉   ロンドンに引越ししてしまった男の子を訪ねていきます。
〉◎ Madeline's Rescue ★★★
〉(邦題:マドレーヌといぬ)
〉   マドレーヌが川に落ちた!!さあ大変。
〉◎ Madeline's Christmas ★★★★
〉(邦題:マドレーヌのクリスマス)
〉   マドレーヌ以外はみんな風邪を引いて寝込んでいます。そこにやってきた男は…。

The 20th century children's book treasuryの冒頭にMadelineが入っていて、この絵がとてもよくって、何回でも見てしまって(読んだとはいわない)います。修道女さんもいい味ですね。

では。
〉まだまだネタは尽きないアトムでした。

まだまだ、期待していますヨ♪


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11569. ヨシオさん、ありがとうございます

お名前: アトム
投稿日: 2003/2/26(21:06)

------------------------------

ヨシオさん、こんばんは。

〉絵本報告(その3)、ありがとうございます。150万語のお礼のレスで催促してしまったような(たまたま偶然ですよね)。汗汗。

いいえ、偶然ではありません(笑)
いや、前から原稿だけはなんとなく途中まで用意してあったので、
あと、仕上げて投稿するだけになっていたんです。
お世辞だとうすうす感じつつ、でも「期待してます」なんて書かれると、
嬉しくて木に登るアトム。

〉The 20th century children's book treasuryの冒頭にMadelineが入っていて、この絵がとてもよくって、何回でも見てしまって(読んだとはいわない)います。修道女さんもいい味ですね。

酒井先生もそうですが、私のあまり好意的ではないコメントの後に、
好意的なコメントをいただくと、ほっとします。
絵本は、「絵」本だけに、絵がいいと嬉しいですよね。

〉まだまだ、期待していますヨ♪

ネタはあるので(笑)


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11566. Re: 絵本報告 その3

お名前: hiro
投稿日: 2003/2/26(20:47)

------------------------------

アトムさんこんばんは!
絵本報告その3ありがとうございます。
今回は・・・
嬉しい!マドレーヌもババールも図書館にあった!
私にはまだ難しいような気がして、手に取ってませんでした。
レベル2〜3で読めるんだ!
今度借りて見よう!
絵本って結構割高感があるし、マドレーヌとかババールは立派な本だから
なかなか自分では買えませんよね!
これで読める絵本の幅が広がりました。(それくらい自分で調べろよって?)
アトムさん感謝!
その4お待ちしてますね!
めざせ、2ケタ!


上へ上へ | 前のメッセージへ前のメッセージへ | 次のメッセージへ次のメッセージへ | ここから後の返答を全表示ここから後の返答を全表示 | 返答を書き込む返答を書き込む | 訂正する訂正する | 削除する削除する

11570. hiroさん、ありがとうございます

お名前: アトム
投稿日: 2003/2/26(21:19)

------------------------------

hiroさん、こんばんは。

〉嬉しい!マドレーヌもババールも図書館にあった!
〉私にはまだ難しいような気がして、手に取ってませんでした。
〉レベル2〜3で読めるんだ!
〉今度借りて見よう!

絵本だから、わからないところがあっても絵があるし、てな感じのレベル付けです。
マドレーヌは、うーん、微妙に難しいところがあります。でも、絵本ですから。
流れるような文章です。それを味わうだけでもいいです。
ババールも、ジャンさんの描かれたものはどれもよかったです。

〉絵本って結構割高感があるし、マドレーヌとかババールは立派な本だから
〉なかなか自分では買えませんよね!
〉これで読める絵本の幅が広がりました。(それくらい自分で調べろよって?)

そうなんですよねー。買えないんですよ。字が少ししかないのは特に。
図書館で読み漁って、ほんとにほしいものしか手が出ない感じです。
(今月、実は2冊絵本注文したんですよ。本当にほしい本です。早く届かないかなあ)

〉めざせ、2ケタ!

hiroさんもほめ上手。
おだてられると雲の上まで行きそうなアトムでした。


タイトル一覧へ(返答順)(B)

タイトル一覧へ(日付順)


Maintenance: SSS 事務局
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.